散水車の買取価格

散水車・高額査定・高価買取中!!

購入・お探しはこちら:0120-390-612:買取・下取りはこちら:0120-390-146

散水車の買取について

散水車は、荷台に大きなタンクが搭載されている、水を撒く際に使用されるトラックです。 2t、4tトラックに架装されていることが多く、“撒水車”と表記される場合もあります。 散水車には2つの種類があり、自給式のエンジンを装着しているPTO式と、別途エンジンを用意し、活用するエンジンポンプ式に分かれています。 現在ではPTO式の散水車が多く利用されています。

トラック買取電話査定

専任オペレーターが誠心誠意ご対応いたします。

無料

0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

トラック買取ネット査定

1.車両情報の入力

メーカー任意
車種任意
形状任意
年式任意

散水車の買取に関連するクチコミ

散水車買取事情

散水車のタンク容量には幅があり、2,000Lから、大きいもので10,000Lのものがあります。 そのため一度に大量の水を必要とする、道路を清掃する際や、街路樹へ水をやる際に多く使用されます。そのほか、トンネルの壁面の清掃、道路凍結を防ぐため凍結防止剤を撒く際にも活用されています。 水を撒いて冷却する目的で、塗装工事の際にアスファルトへ散水する場合もあります。 単に水を必要とする現場で利用されるだけでなく、工事現場や競馬場では、砂ぼこりが舞うのを防ぐために、散水車が活躍しています。 このように、散水車は様々な用途と利用されており、需要も高い車両であると言えます。 また、散水車には、トラックの荷台にタンクが架装されているタイプと、トラックの荷台に架装しない、着脱式ができるカセット式のタイプの2通りあります。

散水車を高く買取してもらうコツ

散水車を高く売るためには、買取業者選びが重要です。 散水車の需要は高いのですが、一般車ではありません。あくまでも商用車となります。 そのため、トラック専門の買取業者へ依頼することをおすすめします。 散水車は、たとえどんなにボロボロの状態であっても、部品やパーツは再利用できるものが多く、高い価値があります。 さらに、カセット式タイプの散水車であれば、カセットのみを売却することも可能です。 このように、部品やパーツなど、車体以外が買取対象とできるのは、トラック専門の買取業者の強みです。 そのため、たとえ不動車、事故車、水没車、過走行、低年式の散水車であっても、再利用できる部品が多ければ、高い値で売却できる可能性があります! また、日本の散水車は海外での需要も高く、オークションでも高値で取引されています。 海外への販路を確保している、オークションを行っている業者は、販売ルートを豊富に持っているため、売却先に困りません。よって高額買取を狙いやすくなります。

お問合せは電話かウェブで!

上へ戻る

専任オペレーター直通フリーダイヤル。 購入・お探しは 0120-390-612 買取・下取は 0120-390-146

スタッフ紹介ページへ トラック王国のスタッフをご紹介 クリック

登録無料 便利でオトク 会員限定特典 ゲリラセール!値下げ情報!