販売窓口0120-596-064
買取窓口0120-653-034

電話受付時間 9:00~19:00(日曜除く)

散水車の買取について

散水車は、荷台に大きなタンクが搭載されている、水を撒く際に使用されるトラックです。 2t、4tトラックに架装されていることが多く、“撒水車”と表記される場合もあります。 散水車には2つの種類があり、自給式のエンジンを装着しているPTO式と、別途エンジンを用意し、活用するエンジンポンプ式に分かれています。 現在ではPTO式の散水車が多く利用されています。

  • 全国無料出張査定
  • お客様満足度90.3%
  • 業界好感度No.1
  • ※2017年度顧客アンケート
  • ※2014年3月マクロミル調べ
かんたん30秒 無料査定をしてみる

トラック買取電話査定

気になる査定額をすぐにお答えします!

無料

0120-653-034

電話受付時間 9:00~19:00(日曜除く)

トラック買取ネット査定

1.車両情報の入力

  • メーカー任意
  • 車名任意
  • 形状任意
  • 年式任意
かんたん30秒 無料査定をしてみる
最短2日でご成約!プロに任せるトラックマッチングサービス マカセル あなたの車両を掲載してみませんか?

トラック買取実績一覧

実際に高額買取させていただいた実績です!トラックであれば、低年式や過走行でも大歓迎です。

買取金額:
504万円
形状:
家畜運搬車
年式:
2000年(平成12年)
買取エリア:
栃木県
買取金額:
98万円
形状:
家畜運搬車
年式:
1994年(平成6年)
買取エリア:
愛知県
買取金額:
96万円
形状:
バルク車
年式:
1996年(平成8年)
買取エリア:
岐阜県
買取金額:
80万円
形状:
スクラップ運搬車
年式:
1989年(平成元年)
買取エリア:
三重県
買取金額:
72万円
形状:
シャーシ
年式:
1997年(平成9年)
買取エリア:
北海道
買取金額:
24万円
形状:
キャンピングカー
年式:
1994年(平成6年)
買取エリア:
京都府
買取金額:
15万円
形状:
タンク車
年式:
1994年(平成6年)
買取エリア:
青森県
買取金額:
12万円
形状:
タンク車
年式:
1990年(平成2年)
買取エリア:
兵庫県

散水車の買取に関連するクチコミ

散水車買取事情

散水車のタンク容量には幅があり、2,000Lから、大きいもので10,000Lのものがあります。 そのため一度に大量の水を必要とする、道路を清掃する際や、街路樹へ水をやる際に多く使用されます。そのほか、トンネルの壁面の清掃、道路凍結を防ぐため凍結防止剤を撒く際にも活用されています。 水を撒いて冷却する目的で、塗装工事の際にアスファルトへ散水する場合もあります。 単に水を必要とする現場で利用されるだけでなく、工事現場や競馬場では、砂ぼこりが舞うのを防ぐために、散水車が活躍しています。 このように、散水車は様々な用途と利用されており、需要も高い車両であると言えます。 また、散水車には、トラックの荷台にタンクが架装されているタイプと、トラックの荷台に架装しない、着脱式ができるカセット式のタイプの2通りあります。

散水車を高く買取してもらうコツ

散水車を高く売るためには、買取業者選びが重要です。 散水車の需要は高いのですが、一般車ではありません。あくまでも商用車となります。 そのため、トラック専門の買取業者へ依頼することをおすすめします。 散水車は、たとえどんなにボロボロの状態であっても、部品やパーツは再利用できるものが多く、高い価値があります。 さらに、カセット式タイプの散水車であれば、カセットのみを売却することも可能です。 このように、部品やパーツなど、車体以外が買取対象とできるのは、トラック専門の買取業者の強みです。 そのため、たとえ不動車、事故車、水没車、過走行、低年式の散水車であっても、再利用できる部品が多ければ、高い値で売却できる可能性があります! また、日本の散水車は海外での需要も高く、オークションでも高値で取引されています。 海外への販路を確保している、オークションを行っている業者は、販売ルートを豊富に持っているため、売却先に困りません。よって高額買取を狙いやすくなります。

お問合せは電話かウェブで!