販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

電話受付時間 9:00~19:00(日曜除く)

活魚運搬車の買取について

活魚運搬車は、漁港から生きたまま魚介類を運搬することができるトラックです。 荷台に大きな水槽がついており、魚を生きたまま運ぶための装置が搭載されているため、 特殊トラックに分類されます。 主に、漁港から料亭や卸売市場へ運搬する際に使用されています。 区切りを取り付ければ、異なる種類の魚を1つの水槽で運搬することが可能です。

  • 全国無料出張査定
  • お客様満足度90.3%
  • 業界好感度No.1
  • ※2017年度顧客アンケート
  • ※2014年3月マクロミル調べ
かんたん60秒!買取査定はこちら

トラック買取電話査定

気になる査定額をすぐにお答えします!

無料

0120-390-146

電話受付時間 9:00~19:00(日曜除く)

トラック買取ネット査定

1.車両情報の入力

メーカー任意
車名任意
形状任意
年式任意
かんたん30秒 無料査定をしてみる
最短2日でご成約!プロに任せるトラックマッチングサービス マカセル あなたの車両を掲載してみませんか?

トラック買取実績一覧

実際に高額買取させていただいた実績です!トラックであれば、低年式や過走行でも大歓迎です。

買取金額:
504万円
形状:
家畜運搬車
年式:
2000年(平成12年)
買取エリア:
栃木県
買取金額:
98万円
形状:
家畜運搬車
年式:
1994年(平成6年)
買取エリア:
愛知県
買取金額:
96万円
形状:
バルク車
年式:
1996年(平成8年)
買取エリア:
岐阜県
買取金額:
80万円
形状:
スクラップ運搬車
年式:
1989年(平成元年)
買取エリア:
三重県
買取金額:
72万円
形状:
シャーシ
年式:
1997年(平成9年)
買取エリア:
北海道
買取金額:
24万円
形状:
キャンピングカー
年式:
1994年(平成6年)
買取エリア:
京都府
買取金額:
15万円
形状:
タンク車
年式:
1994年(平成6年)
買取エリア:
青森県
買取金額:
12万円
形状:
タンク車
年式:
1990年(平成2年)
買取エリア:
兵庫県

活魚運搬車の買取に関連するクチコミ

活魚運搬車買取事情

活魚運搬車には、魚の鮮度を保つための装置が備えられています。 荷台は、断熱材とFRP(ガラス繊維強化プラスチック)の複合板で構成されているため、断熱効果に優れ、外気の影響を受けにくくする工夫が施されています。 水温系や水槽内モニターを装備しているものもあり、水槽管理を徹底し、できるだけ“海水に近い状態”を保つことできるのです。 エアーや循環器で、酸素の供給も行われるため、移動しながらも鮮度を保つことが可能となっています。 このように、活魚運搬車は、鮮度を落とさずに魚を運搬するためには欠かせない車両なのです。 また、別の用途として、食材としての魚を運搬するだけでなく、“移動水族館”として活用される場合もあります。水族館に展示される生き物たちも、この活魚運搬車を使って輸送されています。 その他、ペットショップや養鯉場など、日本でもあらゆるところで活魚運搬車が必要とされているため、国内での需要は高いと言えます。

活魚運搬車を高く買取してもらうコツ

活魚運搬車は、新鮮な魚を運ぶことに特化した特殊車両です。 もともと特殊車両は、特定の分野から需要が高いことがほとんどなので、一般的な需要がないことから、高額買取を狙いにくいです。 しかしながら、活魚運搬車にいたっては、他の特殊車両よりも買取額が上がりやすい傾向があります なぜなら、日本では生魚を食べる文化があるからです。お寿司やお刺身など、生のままの魚介類を食べるのは日本独自の文化です。海外では、火を通さず生のまま食べることに抵抗がある国が多いですよね。 生食するということは、鮮度をキープすることが重要です。そのため、活魚運搬車が必要不可欠なのです。 また、日本人は錦鯉や金魚など、魚を観賞用としても楽しみます。水族館も日本各地にたくさんありますから、活魚運搬車の需要も高いと言えます。 さらに、活魚運搬車には、生きたまま魚を運ぶための装置がたくさん搭載されています。 そのため、抗年式、過走行車、故障車、不動車、水没車であっても、パーツや部品、そして1つ1つの装置が査定ポイントとしみなされますので、高値で買い取りされる場合があります。 多くの買取業者は、状態関係なく活魚運搬車を買い求めています!まずは、1度見積もりに出してみることから始めましょう。

お問合せは電話かウェブで!