販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

キャンピングカーの買取について

キャンピングカーは、一般的にキャンプ用の設備と寝泊まりできる設備を備えた自動車(車中泊車)です。キャンピングカーのベース車には小型・中型のバンやトラックから大型バス等まで、主に「商用車」が用いられています。日本では寝泊りできる設備を備えたものは全てキャンピングカーと呼びますが、米国では楽しむ自動車という意味のレクリエーション・ビークル、北米ではモーターホーム、欧州ではけん引型キャンピングカーをトレーラーハウス・キャラバンと呼びます。

  • 全国無料出張査定
  • お客様満足度90.3%
  • 業界好感度No.1
  • ※2017年度顧客アンケート
  • ※2014年3月マクロミル調べ
かんたん60秒!買取査定はこちら

トラック買取電話査定

専任オペレーターが誠心誠意ご対応いたします。

無料

0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

トラック買取ネット査定

1.車両情報の入力

メーカー任意
車種任意
形状任意
年式任意

トラック買取実績一覧

実際に高額買取させていただいた実績です!トラックであれば、低年式や過走行でも大歓迎です。

買取金額:
24万円
形状:
キャンピングカー
年式:
1994年(平成6年)
買取エリア:
京都府
買取金額:
786万円
形状:
高所作業車
年式:
2002年(平成14年)
買取エリア:
愛知県
買取金額:
504万円
形状:
家畜運搬車
年式:
2000年(平成12年)
買取エリア:
栃木県
買取金額:
492万円
形状:
高所作業車
年式:
2002年(平成14年)
買取エリア:
岐阜県
買取金額:
360万円
形状:
高所作業車
年式:
2011年(平成23年)
買取エリア:
滋賀県
買取金額:
207万円
形状:
高所作業車
年式:
2000年(平成12年)
買取エリア:
静岡県
買取金額:
204万円
形状:
高所作業車
年式:
2007年(平成19年)
買取エリア:
新潟県
買取金額:
192万円
形状:
高所作業車
年式:
2005年(平成17年)
買取エリア:
東京都
買取金額:
168万円
形状:
高所作業車
年式:
2007年(平成19年)
買取エリア:
埼玉県
買取金額:
156万円
形状:
高所作業車
年式:
2008年(平成20年)
買取エリア:
奈良県

キャンピングカーの買取に関連するクチコミ

キャンピングカー買取事情

人気の低迷が叫ばれていたキャンピングカー市場ですが、2005年以降、キャンピングカー市場が常に右肩上がりの成長を続けています。 2016年には業界全体で過去最高となる365億円を突破していますが、キャンピングカー市場の拡大の要因は、多くの人がキャンプや車中泊を楽しむ空前のアウトドアブームの到来に加え、シニア層のキャンピングカー需要の増加が大きく後押しています。キャンピングカーの主要ユーザーが50歳以上の夫婦であり、国内社会では高齢化が懸念される一方、キャンピングカー市場はますます拡大していくことが予想されています。 国内でのキャンピングカー市場拡大に加え、海外では国内市場を上回る需要があり、特に、富裕層を中心にキャンピングカーの関心が急速に高まる中国市場に今後の成長が見込まれています。一時日本を騒がせた中国人の富裕層による「爆買い」の影響がキャンピングカー市場に大きな影響を与えることになりそうです。 世界的なキャンピングカーブームが訪れている中、世界は、ファミリーユースに適したキャンピングカーも盛んに製造する日本のキャンピングカーが注目を集めています。そのため、国内の買取市場でも中古キャンピングカーが高値で取引されていますが、注目すべきは中古キャンピングカーの海外市場です。これがキャンピングカーの高額売却に大きく関係しています。

キャンピングカーを高く買取してもらうコツ

キャンピングカーはこの先も需要が高まることが予想されていますので、高額売却できる可能性が高いです。ただし、買取業者からも需要が高い一方、依頼する業者によっては買取価格に大きな差が出てきます。キャンピングカー最高額で売却するためには高額売却のポイントを押さえておく必要があります。 キャンピングカーの査定では、車種や年式・走行距離等以外にも、禁煙車であるか、エアコン稼働するか、装備品の充実度も重視されることになります。他にも、見た目のきれいさも評価されることになりますので、査定を受ける前に車内の清掃やボディーの洗車、必要書類のチェック、簡単なメンテナンスを実施するようにしてください。 キャンピングカーの高額売却に最も重要なのは「買取業者の選び方」です。まず、キャンピングカーは乗用車ではなく商用車ですので、商用車専門の買取業者に依頼することが必須条件となります。商用車は乗用車と全く別の構造になりますので、乗用車専門の買取業者では、正しく評価できない、買取後の整備を他社に委託する必要が出てくるなど、マイナスになる部分が非常に多いです。 商用車専門の買取業者に依頼することで、正しく評価できることはもちろん、キャンピングカーユーザーに適した販路を確保していますので、多くの利益を生み出すことが可能になります。 キャンピングカーの高額売却には、国内販路だけではなく、海外販路を確保している優良業者を選ぶことがポイントです。さらに、キャンピングカーを最高額で売却するためには、複数の優良業者を厳選して、各社に競わせることが重要です。

お問合せは電話かウェブで!