販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

家畜運搬車の買取について

家畜運搬車は、その名の通り牛や豚、鳥など、様々な種類の家畜を運搬するためのトラックです。 トラックの荷台に乗せて家畜を運搬するのですが、家畜運搬車にも、車体後部にリアゲートを搭載しており、開閉式のスローブがあることによって、家畜の搬入を安易にしています。 また、荷台の両方再度にはリアゲートがついており、家畜にかかるストレスを軽減するため、通気性や温度調節ができる工夫が施されています。

  • 全国無料出張査定
  • お客様満足度90.3%
  • 業界好感度No.1
  • ※2017年度顧客アンケート
  • ※2014年3月マクロミル調べ
かんたん60秒!買取査定はこちら

トラック買取電話査定

専任オペレーターが誠心誠意ご対応いたします。

無料

0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

トラック買取ネット査定

1.車両情報の入力

メーカー任意
車種任意
形状任意
年式任意

トラック買取実績一覧

実際に高額買取させていただいた実績です!トラックであれば、低年式や過走行でも大歓迎です。

買取金額:
786万円
形状:
高所作業車
年式:
2002年(平成14年)
買取エリア:
愛知県
買取金額:
204万円
形状:
高所作業車
年式:
2007年(平成19年)
買取エリア:
新潟県
買取金額:
192万円
形状:
高所作業車
年式:
2005年(平成17年)
買取エリア:
東京都
買取金額:
50万円
形状:
高所作業車
年式:
1998年(平成10年)
買取エリア:
徳島県
買取金額:
24万円
形状:
キャンピングカー
年式:
1994年(平成6年)
買取エリア:
京都府
買取金額:
15万円
形状:
タンク車
年式:
1994年(平成6年)
買取エリア:
青森県
買取金額:
12万円
形状:
タンク車
年式:
1990年(平成2年)
買取エリア:
兵庫県

家畜運搬車の買取に関連するクチコミ

家畜運搬車買取事情

家畜運搬車は、生き物を運ぶことに特化しているため、特殊車両に分類されます。 一度に大量の家畜を運ぶことが可能で、豚であれば1台に100匹程度乗せることもできます。 そして、家畜運搬車の特徴は、運搬する動物に合わせて様々な種類の車両があることです。 豚の場合、荷台が2段式となっていて、家畜を乗せるスペースを確保しています。 そのほか、牛用の家畜運搬車や、動物競走馬を運搬するものまで、それぞれの動物に合った環境を整えられるような仕様となっています。 家畜を運搬する上で問題となる、臭いや汚れの発生を抑えるために、汚れにくいステンレスやアルミなどの素材を使用したり、潜水装置を装備したりしています。 ですが、やはり家畜の唾液や排泄物で荷台が汚れたり、部品がサビついて腐敗したりすることが多いため、一般車や他トラックと比べて、寿命が短い傾向あります。 また、家畜運搬車の寿命が短くなってしまうのには、他車両よりも移動距離が長いということも原因の1つです。 家畜は市内、県内など、近距離の移動よりは、県外へ運搬することが多いです。そのため、1度運搬するだけでも長距離を走行することになるため、他トラックよりも早い年数では走行車となってしまいます。

家畜運搬車を高く買取してもらうコツ

家畜運搬車は、家畜の唾液や糞尿などで汚れやすいため、寿命が短く、中古車として新たに売却することが難しいトラックです。 そのため、乗れるまで乗り潰してから廃車にするという所有者が多く、売却に挑戦さえしない場合が多いです。 しかし、家畜運搬車が必ずしも高額で買取できない、と決まったわけではありません!可能性はゼロではないのです。 廃車の決断をする前には、一度売却の道も検討してみましょう。 まずは、一度査定を依頼することが大切です。 査定をする場合は、過走行車、廃車寸前車など、どんなに状態の悪い車両でも買取可能な業者を選ぶことをおすすめします。 よく、買取前には車両を掃除し、できるだけキレイな状態にしてから査定を受けると査定額が上がりやすいと言いますが、家畜運搬車はそもそも汚れや臭いがつきやすいため、掃除をしたとしても落とせる汚れは知れています そのため、初めから「どんな車でも買い取りますよ!」という業者へ依頼した方が、査定時にマイナス点を付けられにくく、高額査定を狙いやすいのです。 また、家畜運搬車は世界中で需要のあるトラックであるため、海外への販路も持っている業者を選ぶこともポイントとなります。

お問合せは電話かウェブで!