販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

ミニユンボ(ミニバックホー)の買取について

ミニユンボは、車両重量が6t未満油圧ショベル、建設機械です。 正式名称のほか、“ミニ油圧ショベル“や、”ミニショベル“と呼ばれています。 また、車両重量が1t未満のミニユンボは、“マイクロショベル”という呼称があります。 主に、建設現場や土木現場で多く活用されています。

  • 全国無料出張査定
  • お客様満足度90.3%
  • 業界好感度No.1
  • ※2017年度顧客アンケート
  • ※2014年3月マクロミル調べ
かんたん60秒!買取査定はこちら

重機買取電話査定

専任オペレーターが誠心誠意ご対応いたします。

無料

0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

重機買取ネット査定

1.車両情報の入力

メーカー任意
車種任意
形状任意
年式任意

重機買取実績一覧

実際に高額買取させていただいた実績です!重機であれば、低年式や過稼働でも大歓迎です。

買取金額:
2万円
形状:
ミニユンボ
年式:
買取エリア:
群馬県
買取金額:
14万円
形状:
ミニユンボ
年式:
1994年(平成6年)
買取エリア:
三重県
買取金額:
90万円
形状:
ミニユンボ
年式:
2001年(平成13年)
買取エリア:
静岡県
買取金額:
156万円
形状:
ミニユンボ
年式:
2008年(平成20年)
買取エリア:
三重県
買取金額:
623万円
形状:
ユンボ
年式:
2007年(平成19年)
買取エリア:
栃木県
買取金額:
315万円
形状:
ユンボ
年式:
2005年(平成17年)
買取エリア:
愛知県
買取金額:
300万円
形状:
ユンボ
年式:
1999年(平成11年)
買取エリア:
山形県
買取金額:
240万円
形状:
カニクレーン
年式:
2011年(平成23年)
買取エリア:
東京都
買取金額:
192万円
形状:
フォークリフト
年式:
2013年(平成25年)
買取エリア:
兵庫県
買取金額:
156万円
形状:
タイヤショベル
年式:
1995年(平成7年)
買取エリア:
岐阜県

ミニユンボ(ミニバックホー)の買取に関連するクチコミ

ミニユンボ(ミニバックホー)買取事情

ミニユンボは、通常のサイズのユンボよりもコンパクトであるため、狭い場所や細かい作業を必要とする現場でとても重宝しています。 公園での作業や、一般家庭の庭、土砂を掘り出す際に活躍します。 ユンボが入れない場所は、ほとんどの場合ミニユンボで作業を行っています。 サイズが小さいからといって、パワーが足りないということはなく、十分な馬力があるため、 通常のユンボ同様、家屋の解体や道路の舗装工事にも使用されています。 また、ユンボは建設機械の中でも高価であるため、通常のユンボよりも安く手に入るミニユンボの需要は非常に高くなっているのです。 そのため、たとえ中古であっても、高額で取引されることも少なくありません。 道路や建設、土木工事は季節場所を問わずに行われますし、建設機械であるユンボがなければ成り立ちませんから、私たちが暮らしていくために、なくてはならない存在と言えます。

ミニユンボ(ミニバックホー)を高く買取してもらうコツ

ミニユンボを売却するのなら、できるだけお金にしたいと思うのが本音ですよね。 ミニユンボはトラックの中でも特に欲しがる人の多い人気車種ですので、買取額UPを狙いやすいです。 高額買取を実現できる可能性は十分ありますよ! 日本国内での人気、需要も高いのですが、それ以上に海外での需要が高いです。 特に、まだ十分にインフラ整備が整っていない地域がある発展途上国では、丈夫で軽量、優れた耐久性のある日本製のミニユンボが活躍しています。 また、新車よりも安く購入できる中古のミニユンボは、たとえ過走行や低年式、ボディや内装に傷、汚れのある状態でも、高値がつくケースもあります。 しかし、これは日本製のミニユンボを欲しがる人の多い、海外と取引している買取業車の場合です。 ディーラーや一般車専門の買取業者へ査定を依頼しても、低い査定額か、査定自体断られる場合もあります。 ミニユンボを高く売るためには、海外へ独自の販路を豊富にもっている業者を選ぶことが重要です! 海外市場で中古車を売却している業者は、売り先に困ることがないため、買取後の利益が見込むことができ、少々高くても買い取ってもらえるというわけなのです。 また、重機専門に取り扱っている業者であれば、高額買取の期待度もさらに高まりますので、あわせてチェックしておくとよいでしょう。

お問合せは電話かウェブで!