販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

お問合せ番号:Q179611

コマツ ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
走行距離:
1,975h
年式:
2002年(平成14年)
型式:
PC30MR-1
お問合せ番号:Z173205

コマツ 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

価格:
188万円(税・リ別)
稼働時間:
4,679h
年式:
2003年(平成15年)
型式:
PC58UU-3E0
お問合せ番号:KS179100

コベルコ 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
稼働時間:
850h
年式:
2013年(平成25年)
型式:
SK30SR-5
お問合せ番号:KS178263

クボタ 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
稼働時間:
1,244h
年式:
2012年(平成24年)
型式:
U-30-5

お困りですか?

理想の重機が欲しい方!
人気車両は早い者勝ち!お早めにお問合せください!

無料今すぐお問合せ

0120-390-612

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

お問合せ番号:KS177205

クボタ 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
稼働時間:
4,107h
年式:
2006年(平成18年)
型式:
U-30-3S
お問合せ番号:KS172772

ヤンマー 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
稼働時間:
2,911h
年式:
2007年(平成19年)
型式:
VIO15-2A
お問合せ番号:KS172352

ヤンマー 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
稼働時間:
4,490h
年式:
2007年(平成19年)
型式:
VIO30-5
お問合せ番号:KS172773

コマツ 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
稼働時間:
3,102h
年式:
2004年(平成16年)
型式:
PC15MR-1
お問合せ番号:KS172775

クボタ 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
稼働時間:
1,209h
年式:
1994年(平成6年)
型式:
K-015
お問合せ番号:KS172349

コマツ 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
稼働時間:
 
年式:
2005年(平成17年)
型式:
PC35MR-2
お問合せ番号:KS172355

コマツ 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
稼働時間:
1,403h
年式:
2013年(平成25年)
型式:
PC30MR-3
お問合せ番号:KS172776

コマツ 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
稼働時間:
667h
年式:
2011年(平成23年)
型式:
PC10MR-2
お問合せ番号:KS172351

ヤンマー 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
稼働時間:
1,904h
年式:
2013年(平成25年)
型式:
VIO30-6
お問合せ番号:SN170443

コマツ 重機 ミニユンボ(ミニバックホー)

歳末
価格:
歳末セール
稼働時間:
2,592h
年式:
2012年(平成24年)
型式:
PC40MR-3

販売中の中古重機車両一覧: 14台中 1台目から 14台目を表示

ミニユンボ(ミニバックホー)について

ミニユンボ(ミニバックホー)とは油圧ショベルやパワーショベルと呼ばれる建設機械の中でもバケット容量が0.25立方メートル未満ものです。ミニユンボは別名ミニショベルと呼ばれることもありますが、ユンボと言う名称はレンタルのニッケンの商標名となり、通常のユンボ同様に油圧シリンダーによってアームやバケット等を作動させ、クローラーまたはキャタピラーによって走行します。車体サイズが小さく重量も比較的軽いミニユンボは小型トラックで運搬することが可能ですが、軽トラックにも積載が可能なものはミニマイクロユンボとも呼ばれています。ミニユンボは一般的なユンボでは入り込めない場所でも作業を行うことができるため、土木建設業やリフォーム業、農畜産業など幅広い分野で重宝されています。

ミニユンボ(ミニバックホー)の特徴

ミニユンボは建設機械でも掘削機の油圧ショベルに分類され、原動機・走行装置を有す機体上に腕状のブーム・アームの先にバケットを装備しているものです。ユンボの中でも、「ミニ」が付くものは、その言葉通り通常よりボディの小さいことを意味しますが、旧SICAM社が昭和中期に登録した商品名であるユンボ(yumbo)を新三菱重工業(現:三菱重工業)がライセンス供与を受けたことから国内に広く普及し油圧ショベルの総称として用いられていることからサイズの小さい油圧ショベルはミニユンボと呼ばれています。正式な定義は作業装置を除いた機体本体の水、油の入っていない乾燥単体質量である機体質量が3トン未満のものをミニショベルと呼び、行政ではミニバックホーとも呼びます。

ミニユンボ(ミニバックホー)の使用用途

ミニユンボは建設工事等で使用される一般的なユンボよりコンパクトなボディを持ち、その分パワーや作業スペース、燃料コスト等を抑えられるので建築工事、電気・水道工事、田畑の耕地等、小規模な工事に最適です。基本操作は簡単ですので、不慣れな方でも手軽に扱えることや購入費用も安く少ない保管スペースで済むなどのメリットがあります。ミニユンボは一般的なユンボ同様に各建設機械メーカーによって規格があり、車両総重量や寸法(長×幅×高)などに違いがあります。また、ミニユンボより小さい機体質量が1トン未満のマイクロユンボは軽トラックにも積載できますので、移動も容易に行うことが可能です。ミニユンボを使用して普段手作業で行っていた作業を機械化することで、労力を大幅に削減し作業スピードを格段にアップできます。

中古ミニユンボ(ミニバックホー)に関連するクチコミ