販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

  • 【夏季休暇のお知らせ】

  • 誠に勝手ながら、8月13日(木)~8月16日(日)を夏季休暇とさせていただきます。

    休暇期間中に頂いたお問い合わせにつきましては、8月17日(月)にご連絡させていただきます。

中古ユンボ(バックホー)販売車両一覧(税別)

選択中の検索条件:

  • 17台ヒット

  • 並び替え

納得の1台を、一緒にお探しいたします!

無料0120-390-612

NEW
お問合せ番号:215167
価格:

セール!!

稼働時間:
(約)515h
年式:
2016年(平成28年)
型式:
HD308US-6
NEW
お問合せ番号:212986
価格:

セール!!

稼働時間:
(約)3,994h
年式:
2013年(平成25年)
型式:
313DCR
NEW
お問合せ番号:213059
価格:

セール!!

稼働時間:
(約)2,320h
年式:
2006年(平成18年)
型式:
PC128UU-2E0
お問合せ番号:213474
価格:

セール!!

稼働時間:
(約)1,074h
年式:
2015年(平成27年)
型式:
SH75X-6A
お問合せ番号:213904

158万円(税・リ別)

稼働時間:
(約)5,038h
年式:
2007年(平成19年)
型式:
RX-405
お問合せ番号:213199
価格:

セール!!

稼働時間:
(約)3,189h
年式:
2013年(平成25年)
型式:
PC78UU-8
お問合せ番号:211157
価格:

セール!!

稼働時間:
(約)16,645h
年式:
 
型式:
SK235SRD
お問合せ番号:191305

108万円(税・リ別)

稼働時間:
(約)8,092h
年式:
 
型式:
PC30-7E
お問合せ番号:209367

518万円(税・リ別)

稼働時間:
(約)6,112h
年式:
2009年(平成21年)
型式:
PC120-8-AC
お問合せ番号:209362

458万円(税・リ別)

稼働時間:
(約)500.0h
年式:
2008年(平成20年)
型式:
ZX125US
お問合せ番号:209331

298万円(税・リ別)

稼働時間:
(約)7,234.8h
年式:
 
型式:
FX120-2
お問合せ番号:209361

618万円(税・リ別)

稼働時間:
(約)5,141km
年式:
 
型式:
SK135SRD
お問合せ番号:209330

278万円(税・リ別)

稼働時間:
(約)4,279h
年式:
2006年(平成18年)
型式:
VIO70-3
お問合せ番号:209327

198万円(税・リ別)

稼働時間:
(約)7,024h
年式:
2008年(平成20年)
型式:
PC58UU-3EO
お問合せ番号:209293

498万円(税・リ別)

稼働時間:
(約)14,470h
年式:
 
型式:
320D-E
お問合せ番号:209294

458万円(税・リ別)

稼働時間:
(約)3,227.9h
年式:
 
型式:
314C CR-3
お問合せ番号:197582
価格:

セール!!

稼働時間:
-
年式:
2003年(平成15年)
型式:
PC210LC-7K

販売中の中古重機車両一覧: 17台中 1台目から 17台目を表示

中古ユンボ(バックホー)の販売に関連するクチコミ

ユンボ(バックホー)について

ユンボ(バックホー)とは、その名の通り、後ろ向き、つまり運転席向きに、鍬となるバケットが付いている、油圧ショベルで、ドラグショベルとも言われています。 運転席の左右に2本の操作レバーが付いており、アームやバケット、胴体の旋回などの操作を行います。運転席前方には、エンジン出力を調整するスロットルレバーや、本体の、前進、後退、回転、を行うために、2本のキャタピラに対して1本ずつ、計2本の走行レバーがあり、主に低い場所での掘削作業に使用されています。 本体前方には排土板が付いているものも多くあり、地均しを行うことが可能です。また、バケット部分の、アタッチメント付け替えによって、様々な作業を行うことが可能です。キャタピラには、鉄製か、ゴムパットが付いたもの、ゴムキャタピラがあり、交換することができますので、バックフォーの大きさや、使用する場所に合わせて付け替えることができます。

ユンボ(バックホー)の特徴

ユンボ(バックホー)は油圧ショベルに分類される掘削機であり、原動機と走行装置を有する機体の上に油圧シリンダーにより作動するブーム・アームの先端にバケットを取り付け、掘削・整地する建設機械です。現在業界で通称化しているユンボは、もともとフランスの建設機械メーカーのSICAM社が1954年に特許を取得したYumbo(S25型)の商品名であり、その後1960年に日本の新三菱重工業(現:三菱重工業)にライセンス供与を行い、国内で製造販売を行った結果、さまざまな業界にユンボという商品名が広く普及したことがはじまりです。また、バックホーはバケットをオペレーター向けに設置した形状の油圧ショベルを指し、ドラグショベルとも呼ばれています。

ユンボ(バックホー)の使用用途

ユンボ(バックホー)は土砂等の掘削・整地また掘削した土砂等をバケットですくいトラックへの積込みなどの作業を主な用途としています。ユンボはバケットを他のアタッチメントに交換して様々な作業に対応できるという特徴があり、アタッチメントの種類には、ブレーカー、破砕機、カッター、クラムシェル、グラップル、フォークなど、幅広いラインナップがあります。また、クレーン付ユンボを利用したりバケットに備えたフックにワイヤーを取り付けることで、重量物を吊り上げることもできますので、掘削、整地、積込以外にもさまざまな作業に対応できるオールマイティな建設機械であり、建設業、林業、解体業、農畜産業、等々幅広い分野で広く活躍します。

お気に入り
お気に入り 0

    閉じる