販売窓口0120-596-064
買取窓口0120-653-034

電話受付時間 月-金 9:00~19:00(土祝18:00まで)

中古コンテナ専用車(アームロール/フックロール)販売車両一覧

検索中の条件:

納得の1台を、お探しいたします!

無料0120-596-064

NEW新着のみ表示
値下値下のみ表示

支払総額(税込)
1,238万円

車両価格(税込)1,203万円

諸費用(税込) 341,330円

年式
2023年(令和5年)
走行距離
(約)2,000km
最大積載量
7,900kg
ミッション
MT
排ガス
適合
車検
車両所在地
要問合せ

登録済未使用車★増トン・アームロール・ツインホイスト...続きを見る>

簡単1分ウェブでお問合せ

内容を選択して問合せする

無料ウェブ問合せ

現在こちらの車両、元気いっぱい販売中です!!!

条件を広げると、こんなコンテナ専用車もあります

中古コンテナ専用車(アームロール)の販売に関連するクチコミ

コンテナ専用車について

コンテナ専用車とは、コンテナを脱着する事ができる装置が付いているトラックの事です。正式名称は「脱着ボディシステム車」と言います。コンテナの脱着方式は2種類あります。1つは、アーム先端のフックをコンテナにひっ掛けてコンテナの積み降ろしができる方式です。荷台メーカーによって商品名が異なり、アームロール(新明和の商品名)、フックロール(極東開発工業の商品名)、マルチリフト(ヒアブの商品名)の3種類存在します。もう1つは、シャーシに取り付けられたワイヤーを使ってコンテナの積み下ろしができる方式です。こちらは新明和の商品名でロールオンと言います。

コンテナ専用車の特徴

コンテナ専用車の特徴は、コンテナを脱着して荷物を運ぶ事ができるという点です。小型だと2~6立米、中型だと8~12立米、大型だと22~40立米前後のコンテナ(バッカン)を脱着・運搬する事ができます。流通しているコンテナのほとんどは、コンテナ上部が空いているオープンコンテナですがコンテナ上部に天板がついているものや、タンク型、フラットデッキ型などもあり、用途によって使い分けるような活用の仕方も出来ます。

コンテナ専用車の使用用途

コンテナ専用車は、コンテナ自体を脱着し現場に設置して作業ができるため、コンテナを脱着する事によって作業効率化が図れる現場に適しています。また、コンテナ専用車はダンプアップさせて中身を排出する事ができるので、一気にコンテナ内の貨物を排出する事が必要な産業廃棄物処理や家畜飼料の運搬などで使用されています。

コンテナ専用車(アームロール・フックロール)の積載量について

コンテナ専用車(アームロール・フックロール)の積載量は、20t~40t以上の車両もあります。コンテナ専用車(アームロール・フックロール)のコンテナは道路交通法上、積載物として扱われています。そのため、最大積載量からコンテナ自重を抜いた数字が実際の積載となります。

中古トラックのご購入(販売)の際によくある質問

question コンテナ専用車とは何ですか?
コンテナ専用車は、荷台が脱着式になっている車両の事です。
question コンテナ専用車の別名は何ですか?
コンテナ専用車の別名は、アームロールやフックロール、ロールオンなどの商品名で呼ばれることもあります。正式名称は「脱着装置付きコンテナ自動車」です。
question フックロールとは何ですか?
フックロールとは、バッカンと呼ばれるコンテナをアームで脱着することができるコンテナ専用車の仕様の一種です。
question アームロールとフックロールの違いは何ですか?
架装メーカーの違いによる商品名の違いで、基本仕様は同じです。極東開発工業製がフックロール、新明和工業製がアームロールという名称です。
お気に入り
お気に入り 0

    閉じる