販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

  • 【夏季休暇のお知らせ】

  • 誠に勝手ながら、8月13日(木)~8月16日(日)を夏季休暇とさせていただきます。

    休暇期間中に頂いたお問い合わせにつきましては、8月17日(月)にご連絡させていただきます。

中古コンテナ専用車販売車両一覧(税別)

選択中の検索条件:

  • 11台ヒット

  • 並び替え

納得の1台を、一緒にお探しいたします!

無料0120-390-612

お問合せ番号:210470

668万円(税・リ別)

走行距離:
(約)848,204km
年式:
2012年(平成24年)
積載:
9,900kg
お問合せ番号:212346
価格:

セール!!

走行距離:
(約)349,297km
年式:
2002年(平成14年)
積載:
4,050kg
お問合せ番号:211284
価格:

セール!!

走行距離:
(約)612,104km
年式:
2010年(平成22年)
積載:
12,700kg
お問合せ番号:211572

398万円(税・リ別)

走行距離:
(約)292,923km
年式:
2003年(平成15年)
積載:
8,300kg
お問合せ番号:212348

568万円(税・リ別)

走行距離:
(約)58,330km
年式:
2017年(平成29年)
積載:
3,900kg
お問合せ番号:207635

438万円(税・リ別)

走行距離:
(約)186,665km
年式:
2014年(平成26年)
積載:
3,550kg
お問合せ番号:201552

268万円(税・リ別)

走行距離:
(約)296,210km
年式:
2007年(平成19年)
積載:
7,700kg
お問合せ番号:199446

268万円(税・リ別)

走行距離:
(約)237,000km
年式:
2006年(平成18年)
積載:
2,000kg
お問合せ番号:195521

478万円(税・リ別)

走行距離:
(約)641km
年式:
2019年(平成31年)
積載:
3,000kg
お問合せ番号:193976
価格:

セール!!

走行距離:
(約)21,000km
年式:
2008年(平成20年)
積載:
3,800kg
お問合せ番号:176038

998万円(税・リ別)

走行距離:
(約)63,834km
年式:
2007年(平成19年)
積載:
10,600kg

販売中の中古トラック車両一覧: 11台中 1台目から 11台目を表示

他の形状で絞り込む

中古コンテナ専用車の販売に関連するクチコミ

条件を広げると、こんなコンテナ専用車もあります

コンテナ専用車について

コンテナ専用車は、名前の通りコンテナの運搬をするためのトラックで、トレーラータイプとアームロールタイプに分類されます。トレーラータイプは、トラクター(牽引車)とトレーラー(被牽引車)で構成され、コンテナを載せたトレーラーをトラクターに連結して運搬するタイプのトラックです。海コンと呼ばれる、海上コンテナを積載できるため、港湾での輸出入品の運搬に多く使われています。アームロールは、荷台を自力で着脱できる脱着装置が搭載されているタイプのトラックで、搭載されたアームでコンテナの着脱が可能です。アームの操作だけでコンテナの積み降ろし・交換が可能なので作業が効率化でき、コンテナを安全な位置にセッティングすることができることから、一般貨物・建築資材・農産物の運搬など幅広い業界で活躍しています。

コンテナ専用車の特徴

コンテナ専用車には、大きく分けてトレーラータイプ・カーゴタイプ・脱着ボディ車の3種類があります。トレーラータイプのものは主に大型コンテナの海上コンテナや鉄道コンテナを運搬するために用いられることが多く、業界で通称「海コン」と呼ばれる海上コンテナは世界各国との流通を確保するために重要な役割を担っており、構造や技術基準は国際的な総一条約に基づいて設計・製造されています。カーゴタイプのものは1台積み、2台積みが一般的で、荷台後部にコンテナを連結できる機能を有しています。また、脱着ボディ車の場合は、荷台部分に搭載したコンテナを油圧シリンダーを伸縮させることによってアームから切り離すなど、自力で脱着できるシステムを有しています。

コンテナ専用車の使用用途

コンテナ専用車はその名の通りコンテナ輸送に特化したトラックであり、輸送貨物の増加や多様化によってコンテナの種類も増加しています。コンテナのサイズは、20フィート型、40フィート型、45フィート型が一般的で、最も普及しているドライコンテナは多種類の一般貨物を輸送することができます。また、特殊なコンテナには冷蔵ユニットを内蔵している冷凍コンテナ、屋根部分を開放し上部からの荷役が可能なオープントップコンテナ、液体貨物を対象とした銅製フレームにタンクを収納したタンクコンテナなど、物流システムを効率化できる様々なコンテナがあります。また、脱着ボディ車の場合は、自力でコンテナを簡単に脱着でき、ダンプ機構を搭載しているものもあるため、輸送業界だけではなく、土木建設業や産業廃物処理業、農畜産業などマルチに活躍します。

お気に入り
お気に入り 0

    閉じる