中古トレーラーヘッド(トラクターヘッド)販売車両一覧

購入・お探しはこちら:0120-390-612:買取・下取りはこちら:0120-390-146

中古トレーラーヘッド(トラクターヘッド)販売車両一覧(税別)

お問合せ番号:Q162040
お問合せ番号:QJ156256

販売中の中古トラック車両一覧: 21台中 1台目から 21台目を表示

上へ戻る

トレーラーヘッド(トラクターヘッド)について

運転席と荷台・客車が分離できる構造のトレーラ式車両について、運転席部分のことをヘッド(または「トラクター」、「トラクターヘッド」、「牽引車」)と呼びます。 セミトレーラーを牽引するセミトラクター、フルトレーラーを牽引するフルトラクターのうち、日本国内で最も普及しているのがセミトレーラー式で、またの名をシングルトラクターヘッドといいます。 セミトレーラー式は、荷重をその車体自体とトラクタ側で分担して支える構造のトレーラーのことで、ヘッドには、トレーラーを連結するための連結装置「カプラ」が装備され、トレーラー側の「キングピン」をカプラに差し込んでトレーラーを牽引します。 速度の出せる高速用と重量物などに使用される重量用の2種類に分類され、重量用トラクター(重トレ)はツーデフトラクターヘッド(通称ツーデフ車)と呼ばれます。

トレーラーヘッド(トラクターヘッド)の特徴

トレーラーヘッドはトレーラを牽引するヘッド部分のトラクターの事を意味し、業界ではヘッドとも呼ばれています。連結部分であるカプラーとキングピンのことをもともとは馬車の用語である第五輪と呼び、トラクターの第五輪にかかる荷重を第五輪荷重と呼びます。荷台を持たないトレーラーヘッドの車体に記載されている最大積載量は、この第五輪荷重にあたり、トレーラーヘッド(トラクター)の車検証には第五輪荷重という項目が記載されています。また、ヘッドの形式には荷台を持つフルトレーラーと荷台を持たないセミトレーラーの2種類があり、フルトレーラーはトレーラーに全ての重量がかかる構造、セミトレーラーはトラクターがトレーラーの重量の一部を支える構造になっていますので、運転操作に違いがあります。

トレーラーヘッド(トラクターヘッド)の使用用途

トレーラーヘッド使用時にトラクターとトレーラーはセットで用いられますが、もともと荷台を備えているフルトレーラーは単体でも荷物を運搬できます。荷台を持たないセミトレーラーは、トレーラーを連結しないと荷物を積載することはできませんが、単体で移動する場合は操作性が上がり、少ない駐車スペースで済みます。また、エンジンを搭載し公道を走行できるトラクターはナンバーを登録する必要がありますが、被牽引車であるトレーラーも道路車両法で自動車(特殊軽車両)という規定がありますので、トラクター同様にナンバーの登録と車庫証明を取得する必要があります。このため、トラクターを保有する場合はその点も考慮する必要があります。

中古トレーラーヘッド(トラクターヘッド)に関連するクチコミ

専任オペレーター直通フリーダイヤル。 購入・お探しは 0120-390-612 買取・下取は 0120-390-146

スタッフ紹介ページへ トラック王国のスタッフをご紹介 クリック

登録無料 便利でオトク 会員限定特典 ゲリラセール!値下げ情報!