販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

中古深ダンプ(土砂禁ダンプ)・三菱ふそう販売車両一覧(税別)

  • 16台ヒット

  • 並び替え

納得の1台を、一緒にお探しいたします!

無料0120-390-612

お問合せ番号:217720

428万円(税・リ別)

走行距離:
(約)255,971km
年式:
2007年(平成19年)
積載:
4,500kg
お問合せ番号:201019

328万円(税・リ別)

走行距離:
(約)784,301km
年式:
2003年(平成15年)
積載:
9,100kg
お問合せ番号:213113

318万円(税・リ別)

走行距離:
(約)504,307km
年式:
2010年(平成22年)
積載:
7,100kg
お問合せ番号:216488

335万円(税・リ別)

走行距離:
(約)591,817km
年式:
2007年(平成19年)
積載:
7,200kg
お問合せ番号:216789
価格:

セール!!

走行距離:
(約)567,907km
年式:
2010年(平成22年)
積載:
7,200kg
お問合せ番号:215536
価格:

セール!!

走行距離:
(約)293km
年式:
2018年(平成30年)
積載:
3,000kg
お問合せ番号:215238
価格:

セール!!

走行距離:
(約)1,156,542km
年式:
2006年(平成18年)
積載:
10,900kg
お問合せ番号:214776
価格:

セール!!

走行距離:
(約)268,344km
年式:
2015年(平成27年)
積載:
9,500kg
お問合せ番号:214947
価格:

セール!!

走行距離:
(約)140,833km
年式:
2016年(平成28年)
積載:
10,300kg
お問合せ番号:212496
価格:

セール!!

走行距離:
(約)147,803km
年式:
2008年(平成20年)
積載:
2,600kg
お問合せ番号:211011

308万円(税・リ別)

走行距離:
(約)5,410km
年式:
2005年(平成17年)
積載:
2,000kg
お問合せ番号:203080

398万円(税・リ別)

走行距離:
(約)63,802km
年式:
2003年(平成15年)
積載:
3,050kg
お問合せ番号:199117

398万円(税・リ別)

走行距離:
(約)15,105km
年式:
2016年(平成28年)
積載:
3,000kg
お問合せ番号:193769
価格:

セール!!

走行距離:
(約)931km
年式:
2019年(令和元年)
積載:
9,300kg
お問合せ番号:193768
価格:

セール!!

走行距離:
(約)577km
年式:
2019年(令和元年)
積載:
10,900kg
お問合せ番号:216626
価格:

ご成約

走行距離:
-
年式:
2003年(平成15年)
積載:
3,500kg

販売中の中古トラック車両一覧: 16台中 1台目から 16台目を表示

他の形状で絞り込む

中古深ダンプ(土砂禁ダンプ)・三菱ふそうの販売に関連するクチコミ

条件を広げると、こんな深ダンプ(土砂禁ダンプ)もあります

深ダンプ(土砂禁ダンプ)について

ダンプトラックの中でも、荷台を囲っているあおり部分が一般のものよりも高く作られているダンプが「深ダンプ」です。深いあおりによって、容積の大きな積荷を積載することができますが、土砂・砕石等は重量オーバーとなるため法律により運送することが禁じられた土砂等積載禁止車(土砂禁ダンプ)となっています。主な積載物としては飼料や木材チップ、石灰、粗大ゴミ、産業廃棄物、コークスなどの軽比重物で、これらを運搬する際の飛散防止の意味もあり、あおりが深くなっています。積載物の飛散防止には深いあおりに加えシートがけが必要になりますが、開閉式の屋根が付いた「天蓋付きダンプ」・シート掛け自動装置を装備した「パワーシート付ダンプ」といったものもあります。

深ダンプ(土砂禁ダンプ)の特徴

ダンプ機構によって荷台の積載物を一気に排出できる部分は一般的なダンプトラックと同じですが、一般のダンプトラックよりアオリを通常より高くし、積載スペースが広げられています。特徴は、積載する荷物が軽量でかさばるものに特化していることです。運搬時に軽量物の飛散を防止するためのシート掛け作業を効率化できるパワーシートを装備しているものも多くあります。軽量物を大量に運搬、排出するのに特化していますが、土砂や石材などの重量があるものを運搬する場合は、あおり高さいっぱいまで積載すると過積載になってしまいます。このため、国土交通省より積載物に制限が設けられ、たとえ積載重量の範囲内であっても土砂等を積載することが禁止されています。このため「土砂禁ダンプ」とも呼ばれています。

深ダンプ(土砂禁ダンプ)の使用用途

主に、ペットボトルや段ボール、一般廃棄物など産業廃棄物の収集運搬、土砂等以外の小型建機を輸送する場合や解体で出た金属類、ゴミ類、他にも木材チップ、飼料、肥料など幅広い用途に使用されています。一般的なダンプトラック同様に、後方に傾斜できるリアダンプ、左右に傾斜できるサイドダンプ、三方向に傾斜できる三転ダンプがあり、荷台天井をワンタッチでシート掛けできるパワーシート付きやあおりが二段折りできるタイプなど、作業効率を上げるさまざまな工夫が施されています。大量の荷物を一度に運搬でき、ダンプ機構によって積載物を一気に排出できるため、建設業、林業、リサイクル業、農畜産業など、幅広い分野で活躍する汎用性の高いトラックです。

お気に入り
お気に入り 0

    閉じる