販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

中古アルミブロック・UDトラックス販売車両一覧(税別)

  • 17台ヒット

  • 並び替え

納得の1台を、一緒にお探しいたします!

無料0120-390-612

お問合せ番号:218192
価格:

要問合せ

走行距離:
(約)263,656km
年式:
2017年(平成29年)
積載:
13,400kg
お問合せ番号:188221

128万円(税・リ別)

走行距離:
(約)557,100km
年式:
2014年(平成26年)
積載:
3,650kg
お問合せ番号:217868
価格:

要問合せ

走行距離:
(約)799,000km
年式:
2011年(平成23年)
積載:
14,200kg
お問合せ番号:219626
価格:

要問合せ

走行距離:
(約)578,278km
年式:
2013年(平成25年)
積載:
2,850kg
お問合せ番号:217558
価格:

要問合せ

走行距離:
(約)718,657km
年式:
2008年(平成20年)
積載:
14,600kg
お問合せ番号:217722

418万円(税・リ別)

走行距離:
(約)539,014km
年式:
2003年(平成15年)
積載:
14,200kg
お問合せ番号:216833
価格:

要問合せ

走行距離:
(約)257,404km
年式:
2012年(平成24年)
積載:
8,800kg
お問合せ番号:216982
価格:

要問合せ

走行距離:
(約)599,000km
年式:
2013年(平成25年)
積載:
13,600kg
お問合せ番号:216472

268万円(税・リ別)

走行距離:
(約)551,705km
年式:
2007年(平成19年)
積載:
14,400kg
お問合せ番号:209540

100万円(税・リ別)

走行距離:
(約)307,692km
年式:
2003年(平成15年)
積載:
4,150kg
お問合せ番号:206892

188万円(税・リ別)

走行距離:
(約)316,805km
年式:
2013年(平成25年)
積載:
3,400kg
お問合せ番号:202740

398万円(税・リ別)

走行距離:
(約)479,926km
年式:
2004年(平成16年)
積載:
11,200kg
お問合せ番号:201856

278万円(税・リ別)

走行距離:
(約)301,000km
年式:
2010年(平成22年)
積載:
3,650kg
お問合せ番号:192843

228万円(税・リ別)

走行距離:
(約)115,722km
年式:
2006年(平成18年)
積載:
3,750kg
お問合せ番号:199096

278万円(税・リ別)

走行距離:
(約)280,049km
年式:
2005年(平成17年)
積載:
8,500kg
お問合せ番号:188666

300万円(税・リ別)

走行距離:
(約)441,000km
年式:
2014年(平成26年)
積載:
3,300kg
お問合せ番号:168881

248万円(税・リ別)

走行距離:
(約)599,741km
年式:
2005年(平成17年)
積載:
3,100kg

販売中の中古トラック車両一覧: 17台中 1台目から 17台目を表示

他の形状で絞り込む

中古アルミブロック・UDトラックスの販売に関連するクチコミ

条件を広げると、こんなアルミブロックもあります

アルミブロックについて

アルミブロックとは平ボディ形状トラックの荷台にアルミ製のアオリを採用したトラックです。また、ステンレス製のガゼットや丁番を装備しているものや開閉補助装置のセイコーラックを装備しているものも多く、アルミ製のレールを積み重ねる構造のアルミブロックは高さを自由に調節設計することができるため小型から大型まで幅広い形状のトラックに用いられています。一般的な鉄製、木製のアオリに比べ耐久性、防錆性、メンテナンス性に優れ、丈夫で長持ちするという特性があります。また、鉄製のアオリに比べて約40%以上軽量なアルミ製アオリを装備することで車両重量の軽量化や積載量の増加を図ることができるというメリットもあり、開閉作業や荷物の積み降ろしが容易になり、作業効率を大幅にアップすることができます。

アルミブロックの特徴

アルミブロックは、平ボディ形状のトラックに一般的な鋼鉄製のあおりに比べ約半分の重量のアルミ製のあおりを装備し、車両全体の軽量化を図っています。アオリの高さを自由に設計することや、アルミ材を積み重ねることで高さを調整することも可能です。汚れやサビ等にも強く光沢のある素材のため見栄えがよく、メンテナンス性にも優れています。アルミニウム合金のあおりを用いることで軽さと強度を保ち、最大積載量の増加と煽高の確保、作業効率の向上など、多くのメリットがあります。これまでは複数のアルミ材を積み重ね、ボルトで固定するタイプが主流でしたが、最近ではアルミ材をはめ合わすスプリング嵌合式が主流になり、今まで以上の強度の高さと薄さを実現しています。

アルミブロックの使用用途

形状は一般的な平ボディと同じですが、あおり重量を大幅に低減し、ブロックの追加、ハイブロックの装着、あおり取り外しなど、煽高を自由に調整し用途に合わせて使い分けることができます。中型、大型の場合でもセイコーラック等の開閉補助装置を備えたものが多く、荷役時にはラクに開閉作業を行うことができ、パワーゲート等の昇降装置を備えることでさらにスピーディーな荷役作業が可能になります。優れた積載能力と荷役性能を持つアルミブロックは建設資材から工業製品、原材料、飼料など幅広い分野で活用することができます。ただし、光沢のある素材を使用しているため、積載物によってはキズが付いてしまう可能性がありますので、土砂等を運搬する場合は注意が必要です。

お気に入り
お気に入り 0

    閉じる