販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

削孔機械の買取について

削孔機械とは、あらゆる土木工事で所定の位置に孔をあける作業に使用される機械です。削孔機械の種類には、クローラー式又はホイール式の台車の前部に孔をあけるための装置を装備した「クローラードリル・ホイールドリル」、先端にダイヤモンドなどをつけた鋼管を用いて穴を掘る「ボーリングマシン」、トンネル工事、鉱物掘削等の坑道掘削に使用される「自由断面掘削機」などがあります。

  • 全国無料出張査定
  • お客様満足度90.3%
  • 業界好感度No.1
  • ※2017年度顧客アンケート
  • ※2014年3月マクロミル調べ
かんたん60秒!買取査定はこちら

重機買取電話査定

専任オペレーターが誠心誠意ご対応いたします。

無料

0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

重機買取ネット査定

1.車両情報の入力

メーカー任意
車種任意
形状任意
年式任意

削孔機械の買取に関連するクチコミ

削孔機械買取事情

削孔機械は主にクローラードリル・ホイールドリル、ボーリングマシン、自由断面掘削機があり、それぞれに特化した機能があります。クローラー式のクローラードリル、ホイール式のホイールドリルは、さく岩機を用いて岩盤の掘削、岩石の小割、コンクリートの破砕に使用される重機で、削孔した岩盤はチゼルや油圧ブレーカーによって破砕します。クローラードリルの主な製造メーカーには、古河ロックドリル(FRD)、サンドビック株式会社(SMC)、アトラスコプコがあります。自由断面掘削機には、三井三池製作所の「ロードヘッダ・ツインヘッダ・シールド」、カヤバシステムマシナリーの「ブームヘッダー・ミゼットマイナー」などがあり、先端のチップが配列された掘削ヘッドを回転させて、土や鉱物を掘削します。主に、道路トンネルや鉄道トンネル、下水道トンネル、鉱山の坑道掘削などを掘り進む作業に使用されています。中でも古賀ロックドリルはクローラードリルで国内シェアの60%を誇り、世界シェアでも30%を占めています。また、三井三池製作所のロードヘッダは自由断面掘削機で国内トップシェアを誇っています。削孔が主となる土木工事では削孔機械が欠かせない存在となっており、中古削孔機械は重機・建機業界から高い需要があります。

削孔機械を高く買取してもらうコツ

削孔機械は多くの買取業者が高く買い求めており、非常に高値で取引されています。削孔機械の高い需要は国内だけではなく海外にも及びます。日本製の削孔機械は深穴あけ加工の能力が優れ、強力な硬岩まで効率的な掘削を実現できるため、世界中で高い評価と需要があります。古賀ロックドリル、三井三池製作所をはじめとして、多くの削孔機械製造メーカーが世界のトップメーカーとして国内外に名を知らしめています。このため、世界中から高い需要がある削孔機械を高額買取するためには、重機・建機専門の買取業者の中でも世界中に販路を確保している業者に依頼する必要があります。また、世界中に販路を確保している業者の中でも特に優れた強みを持つ優良業者を選定するには、実績や評価を重視することが大切です。重機・建機専門の買取業者の査定方法には、ネット査定、電話査定、出張査定、FAX査定など、様々ですが、高額買取に最も有利なのはネット査定です。ネット査定は自宅にいながら好きな時間に査定額を調べることができますし、面倒な業者とのやり取りも不要です。 トラック王国では、自社販売、オークション、海外輸出など多数の販売ルートを確保し、他社には真似できない強みに基づいて高額買取を実施しております。北は北海道、南は沖縄県まで、どんな地域でも無料出張査定・即日現金買取に対応しておりますので、まずは無料査定を利用して納得の高額買取をその目で確かめてみてください。

お問合せは電話かウェブで!

上へ戻る