販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

ドルフィン

ドルフィンの買取について

トラック王国では、ただいまドルフィンを無料査定受付中!
ご売却をご検討中の車両がございましたら、お気軽にお問い合わせください!
日本全国即日現金買取!最短10分で査定完了!

  • 全国無料出張査定
  • お客様満足度90.3%
  • 業界好感度No.1
  • ※2017年度顧客アンケート
  • ※2014年3月マクロミル調べ
かんたん60秒!買取査定はこちら

トラック買取電話査定

専任オペレーターが誠心誠意ご対応いたします。

無料

0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

トラック買取ネット査定

1.車両情報の入力

メーカー任意
車種任意
形状任意
年式任意

ドルフィンとは?

日野自動車が製造販売していた大型トラックになります。1981年に初めてハイルーフキャビンを搭載し、『81年、大地を支配する』をキャッチコピーに発売されました。
1983年に正式名称『スーパードルフィン』の名前がつきました。
フルフローティング方式のキャブを採用することにより振動を低減、さらにコンピューター内臓ETコントロールにより低燃費を実現しておりました。
1992年5月には『輸送文化のフルモデルチェンジです』をキャッチコピーに『スーパードルフィン・プロフィア』にフルモデルチェンジをしました。1992年にスーパードルフィンの製造終了しました。

ドルフィンの特徴

1981年の発売当初は、キャブは中型トラックのレンジャーを大型トラックサイズに大きくしたような外観をし、コンピューター内臓ETコントロール、日本初のインタークーラーターボエンジンが搭載されておりました。
1984年のマイナーチェンジで通称シャッターグリルと呼ばれる横線基調のルーバータイプのグリルに変更され、1986年のマイナーチェンジでは、通称蜂の巣グリルと呼ばれる四角い穴が上下左右に並んだグリルに変更され、さらに1990年のマイナーチェンジでは、通称鬼グリルと呼ばれる逆台形のグリルが装着されました。

お問合せは電話かウェブで!