販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

中型トラックの買取について

中型トラックは、サイズが全長12m、全幅2.5m、全高3.8m以内のトラックです。 最大積載量は4t以上5t未満、2t以上5t未満となっており、定義がはっきりしていません。 そのため、中型トラックは、さらに細かく、中型と大型に区別されることもあります。 規格や定義があいまいではありますが、そのぶん様々なタイプがあり、使用用途も多く、ニーズに合わせて使い分けが可能という特徴があります。

  • 全国無料出張査定
  • お客様満足度90.3%
  • 業界好感度No.1
  • ※2017年度顧客アンケート
  • ※2014年3月マクロミル調べ
かんたん60秒!買取査定はこちら

トラック買取電話査定

専任オペレーターが誠心誠意ご対応いたします。

無料

0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

トラック買取ネット査定

1.車両情報の入力

メーカー任意
車種任意
形状任意
年式任意

トラック買取実績一覧

実際に高額買取させていただいた実績です!トラックであれば、低年式や過走行でも大歓迎です。

買取金額:
480万円
形状:
アルミウイング
年式:
2010年(平成22年)
買取エリア:
滋賀県
買取金額:
96万円
形状:
パッカー車
年式:
1999年(平成11年)
買取エリア:
愛知県
買取金額:
108万円
形状:
クレーン3段
年式:
1992年(平成4年)
買取エリア:
新潟県
買取金額:
522万円
形状:
コンテナ専用車
年式:
2011年(平成23年)
買取エリア:
福島県
買取金額:
306万円
形状:
アルミウイング
年式:
2005年(平成17年)
買取エリア:
茨城県
買取金額:
198万円
形状:
幌ウイング
年式:
2008年(平成20年)
買取エリア:
愛知県
買取金額:
192万円
形状:
アルミウイング
年式:
2006年(平成18年)
買取エリア:
大阪府
買取金額:
132万円
形状:
平ボディPG付
年式:
2005年(平成17年)
買取エリア:
愛知県
買取金額:
78万円
形状:
パネルバン
年式:
2006年(平成18年)
買取エリア:
埼玉県
買取金額:
90万円
形状:
冷凍車
年式:
2002年(平成14年)
買取エリア:
山形県

中型トラックの買取に関連するクチコミ

中型トラック買取事情

中型トラックは、旧普通免許で運転できるものもあれば、中型・大型免許が必要になるタイプもあります。 積載量や規格によって、中型トラックではあっても、必要な免許が異なるという点は少々ややこしいです。 が、中型トラックは、小型トラックと比較して積載量が大きいですし、積荷も広いため、作業の効率化を図ることができるメリットは大きいです。 荷台や架装を自由に行うことができるため、たいていのことに活用できる便利もあります。 宅配業や輸送業はもちろん、冷凍冷蔵車にも対応できますし、引っ越し業者でも活用されています。 また、建築材料や重機も運搬できますから、建設業や土木業でも必要不可欠な存在なのです。 まさに、私たちの生活、そして日本の物流を支えている車両と言えます。

中型トラックを高く買取してもらうコツ

中型トラックは、小さすぎず大きすぎない使い勝手の良いサイズ感から、様々な用途で使用することができます。 中古トラックとしての需要も高いので、比較的値段のつきやすいトラックと言えます。 が、できるだけ高値で売却したいのであれば、業者選びが重要です。 特に、中型トラックはすぐに買い換えるということも早々ありませんから、経年劣化による傷や、長距離運搬によって過走行車となってしまう場合が多いです。 乗れるまで乗り潰してから次のトラックに乗り換える、というケースも少なくありません。 結果、不動車や事故車、故障車を手放すという企業も多いのです。 そのため、業者を選ぶ際は、車両状態に関係なく、「どんなトラックも買い取り可能」な買取業者を選ぶことが必須になります! トラック買取業者にはそれぞれ強みがありますので、悪状態でも高く買取ります!と言い切っている業者は、比較的高値がつきやすいです。 また、そういった業者は、部品など細かい部分も査定対象として買取を行うため、査定額がUPしやすいのです。そして、その背景には、「海外への豊富な販路」があります。 日本製のトラックは、海外でとても人気があり、新車を購入するよりも費用面での負担が少ない中古車の需要が高くなっています。 買取り後の中型トラックの多くは、メンテナンスをして海外に再販されています。 つまり、利益をしっかりと確保することで、他業者よりも高値で買い取りが可能になっているということなのです。 中型トラックを高値で売却する際は、まず業者選びから慎重に行いましょう!

お問合せは電話かウェブで!