販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

パークウェイの買取について

トラック王国では、ただいまパークウェイを無料査定受付中!
ご売却をご検討中の車両がございましたら、お気軽にお問い合わせください!
日本全国即日現金買取!最短10分で査定完了!

  • 全国無料出張査定
  • お客様満足度90.3%
  • 業界好感度No.1
  • ※2017年度顧客アンケート
  • ※2014年3月マクロミル調べ
かんたん60秒!買取査定はこちら

バス買取電話査定

専任オペレーターが誠心誠意ご対応いたします。

無料

0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

バス買取ネット査定

1.車両情報の入力

メーカー任意
車名任意
形状任意
年式任意

パークウェイとは?

マツダが製造販売していたマイクロバスになります。
1972年マツダのライトバスの後継車種として世界初ロータリーエンジン搭載したバスが発売されました。
車体は西日本車体工業製を搭載しております。
車名の由来は、英語で『中央分離帯や両側に並木・芝生のある広い道路』という意味を持っています。
しかし、売上げが伸びなかったせいか、2年ほどで生産中止となりました。
その後、1982年に2代目のモデルが発売になりました。
その当時のタイタンの外観をそのままマイクロバスにしたようなデザインになっておりました。
しかし、1997年に製造販売を終了し、マツダはバスの製造販売から完全に撤退しました。

パークウェイの特徴

外観はタイタントラックをそのままマイクロバスにしたようなデザインになっています。ラジオや3段切り替えの強力ヒーターを標準装備し、サブエンジン方式のクーラーがオプションとされた26人乗りの『DX』とフル装備の豪華な13人乗りの『スーパーDX』のグレードがラインナップされていました。
ロータリーエンジンを搭載していることにより、スムーズな走行、低騒音、低振動化、また、当時の国内の排出ガス規制を大幅に下回ることを実現しましたが、低トルクのためか売上げは伸びませんでした。
全国の自動車教習所や企業などの送迎バスとして多く用いられていました。

お問合せは電話かウェブで!