販売窓口0120-390-612
買取窓口0120-390-146

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

中古ミキサー車(コンクリートミキサー)販売車両一覧(税別)

  • 16台ヒット

  • 並び替え

納得の1台を、一緒にお探しいたします!

無料0120-390-612

NEW
お問合せ番号:203043
価格:

セール!!

走行距離:
(約)107,757km
年式:
2014年(平成26年)
積載:
3,000kg
NEW
お問合せ番号:197338

368万円(税・リ別)

走行距離:
(約)215,936km
年式:
2008年(平成20年)
積載:
10,000kg
お問合せ番号:203807

268万円(税・リ別)

走行距離:
(約)402,361km
年式:
2001年(平成13年)
積載:
9,840kg
お問合せ番号:205495

468万円(税・リ別)

走行距離:
(約)281,646km
年式:
2007年(平成19年)
積載:
10,130kg

お困りですか?

理想のミキサー車が欲しい方!
人気車両は早い者勝ち!お早めにお問合せください!

無料今すぐお問合せ

0120-390-612

営業時間 9:00~19:00(日曜除く)

お問合せ番号:197337

368万円(税・リ別)

走行距離:
(約)208,504km
年式:
2008年(平成20年)
積載:
10,000kg
お問合せ番号:200380
価格:

セール!!

走行距離:
(約)299,000km
年式:
2005年(平成17年)
積載:
9,710kg
お問合せ番号:200204

288万円(税・リ別)

走行距離:
(約)158,433km
年式:
2006年(平成18年)
積載:
7,650kg
お問合せ番号:199362
価格:

セール!!

走行距離:
(約)217,000km
年式:
2013年(平成25年)
積載:
9,790kg
お問合せ番号:199295
価格:

セール!!

走行距離:
(約)455km
年式:
2019年(平成31年)
積載:
3,530kg
お問合せ番号:198379

358万円(税・リ別)

走行距離:
(約)251,831km
年式:
2007年(平成19年)
積載:
10,000kg
お問合せ番号:191555

338万円(税・リ別)

走行距離:
(約)198,000km
年式:
2003年(平成15年)
積載:
7,880kg
お問合せ番号:189186

428万円(税・リ別)

走行距離:
(約)181,086km
年式:
2007年(平成19年)
積載:
10,000kg
お問合せ番号:181081
価格:

セール!!

走行距離:
(約)1,000km
年式:
2018年(平成30年)
積載:
9,930kg
お問合せ番号:182486

588万円(税・リ別)

走行距離:
(約)94,288km
年式:
2013年(平成25年)
積載:
11,120kg
お問合せ番号:156158

338万円(税・リ別)

走行距離:
(約)298,000km
年式:
2004年(平成16年)
積載:
11,000kg
お問合せ番号:201156
価格:

ご成約

走行距離:
-
年式:
2008年(平成20年)
積載:
9,580kg

販売中の中古トラック車両一覧: 16台中 1台目から 16台目を表示

他の形状で絞り込む

中古ミキサー車(コンクリートミキサー)の販売に関連するクチコミ

条件を広げると、こんなミキサー車もあります

ミキサー車(コンクリートミキサー)について

建設現場や土木作業現場でコンクリートを使用する際、工場で練り上げられた生コンクリートを固まらないようにかき混ぜながら建設現場まで運ぶ、生コンクリート専用の運搬車がミキサー車です。「トラックミキサー」「アジテータ」と呼ばれることもあります。ミキサー車は、生コンクリートを入れる筒型のドラムを装備しており、ドラム内部のミキシングフレーム(=ブレード)と呼ばれるうずまき状の羽で常に生コンクリートを攪拌しながら運搬します。ドラムの容量は車体の大きさによって異なり一般的には2トン車~10トン車までですが、走行中に荷台上で可動するドラムや、駆動軸をエンジン回転軸から分岐させるギヤー機構などのさまざまな特殊機能が搭載されているため、特種用途自動車・8ナンバー車に分類されます。

ミキサー車(コンクリートミキサー)の特徴

ミキサー車は、主に製造工場で作られた生コンクリート(フレッシュコンクリート)が固まらないように撹拌しながら現場まで輸送できる円筒状のミキシングドラムを荷台に備えたトラックです。業界ではアジテータと呼ばれることもあり、ミキサー車とほぼ同様の外観と構造を持ち生コンを現場まで輸送するという用途も同じですが、厳密に言うとドラムに材料を入れ、混ぜ合わせて生コンクリートを製造できる機能を持つものをミキサー車、移動式ミキサーと呼びます。ドラム内にはミキシングフレームと呼ばれる螺旋状のブレードを備え、ドラム自体を回転させることで、それぞれ比重が違う骨材、セメント、混和材、水等が分離しないように常に攪拌しながら輸送します。作業時は、アルキメディアンスクリューの原理によって螺旋状のブレードを伝い生コンが排出されます。

ミキサー車(コンクリートミキサー)の使用用途

ミキサー車は、生コンクリートの品質を維持しながら現場まで輸送することができ、コンクリート工事を多く扱う建築、土木工事では欠かせないトラックです。ドラムの大きさや車種によって違いはありますが、一度に輸送できる生コンの積載量は小型車で3~4t(1.5~2立米)中型車で5~7t(2.5~3.5立米)大型車で10t(5立米)程度です。ミキサー車が複数台必要な大規模な建築現場の場合は、無線機を活用して先行車等により工場や後続車との一斉連絡をすることで作業の効率化を図ることができます。また、ミキサー車が入れ込めない現場の場合は、生コンを遠くまで圧送できるコンクリートポンプ車を活用することで作業効率が格段にあがります。

お気に入り
お気に入り 0

    閉じる