【トラック王国】ジャーナル!

トラック仕事を充実させたい! 『トラック王国ジャーナル』は、全国のドライバーへ捧ぐ、 トラック・バス・重機の最前線メディアです!!

大型免許取得・更新時の視力検査、不合格の場合は?中型・2種免許の豆知識

全国展子

みなさん、こんにちは! トラック王国の展示場スタッフ、全国 展子(ぜんこく てんこ)と申します!

今回は免許取得・更新時の視力検査について解説します!検査の合格基準や、万が一不合格だった場合の対処法、さらに視力回復の方法として話題のレーシックについても説明しちゃいます!今回も内容盛り沢山です!

自動車免許に必要な視力
[最終更新日]2017年12月25日
※初版は2016年11月18日に公開されました。

レッスン1

運転免許更新・取得時の視力検査とは?

運転免許の取得や更新手続き時の適性検査として必要な視力測定。
更新の際は、更新を促すハガキが誕生日の1ヵ月前ぐらいに届きます。

更新期限は、免許の有効期間が満了になる誕生日の1ヶ月前から1ヵ月後の間になります!
この際の視力検査は、合格基準の視力に達していればOKです。

検査

また、運転免許更新時に行われる視力検査は、2種類あります。

  • ■2種類ある視力検査
  • ランドルト環による視力検査
  • 三桿法(さんかんほう)を用いた、深視力

1つ目の、ランドルト環による視力検査は、どの種類の運転免許を更新する時にも行われ、アルファベットの「C」のような形の、円が欠けている部分を答えるもの。

もう1つめ、三桿法(さんかんほう)を用いた深視力は、中型、大型、第二種免許等になると追加される検査です。深視力は、物を立体的に見る力や遠近感が正常に備わっているかを検査します。

レッスン2

中型・大型免許希望者は必読![視力と深視力の違い]

中型、大型、第二種免許の取得に必要な深視力とは、一般的に言われる視力とは違って遠近感や立体感を感じる、動的な遠近感の判断能力のことを指しています。

みなさんご存知の、一般的な認識の視力と言うとどれだけよく見えるなのですが、深視力は、両眼視機能と呼ばれる眼の遠近感や立体感を感じる能力なんです。

そもそも人間の眼は左右二つあり、通常は両目に別々に映ったものを意識することなく一つの像として見ていて、これを融像視と呼びます。
おなじ物体を見た時でも右目と左目の位置には違いがあるので、両方の目の像には微妙にズレが生じます。

それを一つの像として処理する時に、距離感が得られるという仕組みなんですね。

深視力

深視力は、ドライバーだけではなくスポーツをする時にも求められる能力なんです。

もし、深視力検査が苦手で合格できない!という事があったら、次のような理由が考えられます。

  • ■深視力検査に合格できない理由
  • ①目の疾患などにより片目の矯正視力が極端に不良
  • ②斜視や弱視などにより両眼視機能が喪失している
  • ③片目ずつの視力は良好だが、完全抑制(両目で見ているつもりでも脳では一眼の視覚情報しか取り入れていない)がある
  • ④左右の視力や矯正度数に大差がある
  • ⑤裸眼または使用中のメガネでの視力が不良
  • ⑥斜位などにより両眼視機能が低下している
  • ⑦深視力検査に慣れていない

この内、①~③に当てはまる場合は、深視力に合格する確率はかなり低くなると言えます。

④~⑥に当てはまる場合は、目の状態にあったメガネやコンタクトレンズを使えば合格する確率が高くなります。
⑦に当てはまる人は、深視力検査を何回か練習して要領が分かれば合格出来る可能性がグンと高まります!

メガネ屋さんなどで深視力測定器を置いているところもあるので、そういうところで慣れると良いかもしれませんね★

レッスン3

免許取得・更新時の視力検査[内容・手順]

では!視力検査は、実際どんな内容でどう行われているんでしょうか?

まずは全ての免許で共通して行われる通常の視力検査ですが、これはランドルト環と呼ばれる、円の切れている一箇所の方向がどちらを向いているのか伝える検査です。

学校や病院などで一度は受けたことがあるのではないでしょうか?

そして免許取得の適性検査の項目である色彩識別能力テストと、中型や大型免許の方は深視力検査があります。

深視力検査は通常の視力検査とは違うので、あまり受けたことがないかも知れませんが、検査機器から2.5m離れた位置で測定をします。

検査機器内に3本の棒があり、その中の真ん中の1本が前後に動くので、3本の棒が一列に並んだ時にスイッチを押すというものです。

深視力検査の方法

1回の検査での誤差が、前後2cm以内。通常は3回検査をするので、誤差の合計が6cm以内だと合格です!

全国展子

最近はスマホのアプリでも深視力検査を試せますので、練習しておいても損はないかと思います!

視力検査

先程、通常の視力検査はランドルト環で行うという話をしましたが、視力検査を受けるところによっては、ひらがなやイラストをみせるところもあります。

私はランドルト環がザ・視力検査!って感じがして好きなんですがみなさんはどうでしょうか?

ちなみに検査は、両目と左右の片目ずつで3箇所を測るのですが、基準以上の視力があるかの確認をするだけなので、正確な視力を測るわけではないんです。

この時に、裸眼なのかコンタクトレンズやメガネを使用しているのかを申請します。

最近では眼科や眼鏡屋などで使っている視力測定器が導入されているところもあり、その場合は機械を覗き込むだけで終了します

色彩識別能力テスト

色鉛筆

色彩識別能力テストは、赤、黄、青の3色の判別が出来るかどうかを調べる検査です。

機械で行うのが主流になっていますが、プラスチック板で行うところもあります。

見た色の識別ができれば合格できるもので、色が判別できているかの質問も、「これは何色ですか?」や「赤はどれですか?」など簡単なものです。
なので、色覚異常がある方でも答えることが出来るテストなんだとか。

赤、黄、青は信号機の色なので、信号の色をちゃんと識別できるかと言う事を調べるために行ってるんですね★

要は信号の色が判別できればOK!って事ですね。

レッスン4

視力検査の合格基準[普通免許]

合格基準

視力検査の合格基準は、運転免許の種類によって変わってきます(下記、必読!)

■免許別!視力検査合格の基準

【普通第一種免許・中型第一種免許(8t限定中型)・二輪免許・大型特殊免許】
両目(両眼)で0.7以上かつ、片目(片眼)でそれぞれ0.3以上が基準
【原付免許・小型特殊免許】
両眼で0.5以上が基準
【大型第一種免許・中型第一種免許(限定なし)・けん引免許・第二種免許】
両眼で0.8以上・かつ、片目がそれぞれ0.5以上。さらに、深視力として三桿法(さんかんほう)の奥行知覚検査器により、3回検査した平均誤差が2センチ以内が基準

全国展子

どの免許を取得するかによって、基準がかなり違う事が分かりましたね! さて、まずは普通免許の合格基準のお話をします!

※中型・大型免許の合格基準を知りたい方はコチラへジャンプ!

※視力検査の合格基準は、両目と片目でそれぞれ決まりがあるので、意識して読みすすめてくださいね!!

普通免許の視力検査

両目・片目どちらか一方だけ満たしていてもダメなので、改めてそれぞれの目の合格基準を確認していきましょう。

■両目の基準
普通第一種・中型第一種(8t限定中型)・二輪・大型特殊

0.7以上(左右それぞれの目が0.3以上)

片目

■片目の基準
普通第一種・中型第一種(8t限定中型)・二輪・大型特殊

0.7以上かつ、視野左右150度以上

ここで、視野左右150度以上という聞きなれない言葉が出てきましたがこれは一体何なのでしょう。
一番最初に説明した、視力検査の合格基準である両目で0.7以上かつ、片目でそれぞれ0.3以上という条件。

ここでの条件を満たせなかった…つまり、片目が視力0.3未満の場合のみ、もう片方の目の視野検査が行われるのです。
そこで視野が左右150度以上あると判断されないといけないんですね。

免許視力150度

合格条件をもう一度まとめると下記の様になります。

●普通第一種免許、中型第一種免許(8t限定中型)、二輪免許、大型特殊免許更新の場合

両目で0.7以上かつ、片目でそれぞれ0.3以上。または片眼の視力が0.3に満たない、もしくは片眼が見えない人については、他眼の視野が左右150度以上、視力が0.7以上が合格基準。

普通免許などで運転できるトラックはコチラ!

レッスン5

視力検査の合格基準[中型免許・大型免許]

続いては、中型、大型免許の視力検査合格基準についてお話していきます。

合格基準

8t限定の中型免許に関しては、普通免許の項目でお話ししましたので普通免許の視力合格基準を見て頂ければと思います★

ここでは、大型免許と中型免許(限定なし)の合格基準の説明をしますね!

普通免許と大型免許の視力検査での大きな違いは、大型免許の取得・更新には深視力検査も実施されるというところ。

深視力検査とは、簡単に言えば遠近感を測る検査のことです。

この深視力と言うのは、遠近感や立体感を正しく把握する能力のこと。

視力の良し悪しにはあまり関係がなく、視力が悪い人でも合格出来ますし、遠近感をつかむのが苦手な人は視力が良くても合格できず、免許の更新が出来ないなんて事も。

深視力についてはまた後で詳しく説明するとして、中型、大型免許の合格基準を両目・片目ごとに見ていきましょう!

中型免許の視力検査

■両目の基準
大型第一種・中型第一種(限定なし)・けん引・第二種

0.8以上(左右それぞれの目が0.5以上)

普通免許と比べると、両目での視力が0.1、それぞれの目の視力が0.2高い事が求められています
さらには先ほども話に出た深視力も追加されるのですが、どうしてこんなに条件が違うのでしょうか。

それはやはり、中型、大型の場合は制動距離が長い事や、事故が起こった時の被害も大きくなりがちな点が挙げられます。
こういった理由で、普通免許よりも高い視力と、距離感を測るための深視力が必要なんですね。

片目

両目の基準が分かったら、次は片目です★

■片目の基準
大型第一種・中型第一種(限定なし)・けん引・第二種

左右どちらかの目が0.5未満の場合は不合格

普通免許の時は、片目が合格基準を満たしていないときは視野検査がありましたが、大型免許の場合はどちらか片方でも0.5未満の場合は不合格になってしまいます…!
気を付けておかないといけない部分ですね。

ここまでの話をまとめると、大型免許の視力検査合格基準は以下のようになります。

●大型第一種免許、中型第一種免許(限定なし)や、けん引免許、第二種免許更新の場合

両目で0.8以上かつ、片目がそれぞれ0.5以上。さらに、深視力として三桿法(さんかんほう)の奥行知覚検査器により、3回検査した時の平均誤差2センチ以内が合格基準。

中古免許などで運転できるトラックはコチラ!

大型免許などで運転できるトラックはコチラ!

レッスン6

免許の視力検査で!眼鏡やコンタクト使時の注意点

ブルーライトカットメガネ

免許取得・更新手続きの際の視力検査は、絶対裸眼でないとダメ!なんてことはモチロンなくて、眼鏡やコンタクトレンズの着用も問題ありません。

ただ、視力検査を受ける前に、眼鏡もしくはコンタクトレンズを使用している人は、その旨を申し出ましょう。

くれぐれも、コンタクトレンズを使っているのに、裸眼と申請するなんて事はしないように注意してください。

万が一、視力検査中にメガネやコンタクトレンズの装着を忘れていたことを思い出したら、素直に伝えてもう一度検査を受けさせてもらいましょう。
そのまま受けてしまって視力が合格基準に達していないと、免許の更新が出来ないですからね!

今日に限って忘れてきた!と言う場合は、裸眼の状態で合格できそうにないなら日を改めて再検査になります。

コンタクトレンズや眼鏡を使って視力検査に合格した時は、免許条件に眼鏡等という記載が入ります。
この条件が付いている場合は、当たり前ですが視力検査の時だけではなく、普段の運転中も眼鏡かコンタクトレンズを付けて運転しなくてはいけません。

もしも守っていなかった場合は、条件違反になり違反点数が付いて罰金も払う事になるので必ず守りましょうね。

■眼鏡なしの状態で事故を起こしたら

さて、晴れて眼鏡ありの条件で免許を取得できたものの、眼鏡をかけずに運転して、事故を起こしてしまうとどうなるのでしょうか?

事故を起こしてしまうと免許条件違反となり、大型車は9千円、普通車は7千円の罰金支払いと、2点の加点が行われます。

加えて、自動車保険の賠償割合修正がかかり、責任割合が増えてしまいます!

免許条件違反は無資格には当たらないので、人身事故などの場合は相手側への自動車保険の保険金支払いは可能です。

しかし、自動車保険は、保険金の支払いが行われると、保険の等級が下がってしまう場合が多いです!

  • ■眼鏡なしの事故
  • ・免許条件違反の罰則
  • ・事故によっては保険金支払い
  • ・保険の等級下降

眼鏡をかけずに運転してしまうと、周りの状況を把握しにくく、事故などが起こってしまいますよ!

最悪の場合は免許停止などにもつながるので、運転の際は面倒くさがらずに、眼鏡をかけましょう!

レッスン7

視力低下・検査に不合格したときの対策

「昔は視力が良かったのに最近落ちてきた」「視力試験に合格できないかもしれない!」とお困りの方がいるかも知れませんね。

あまりに視力が落ちてしまった場合は、眼鏡やコンタクトレンズを準備することをお奨めしますが、実は視力はその時の状態によって左右されやすいものなんです。

検査の時にたまたま見えにくかったという事もあるので、そういう時は少し時間をおいて目を休ませてから再チャレンジするというのもひとつの手!

睡眠

また、視力検査当日はスマホを見すぎないようにして、目を疲れさせないようにしましょう!

疲れ目の状態だと字がぼやけてしまい、不合格になることも考えられるので、検査を受ける前に眉間の攅竹(さんちく)目頭の晴明(せいめい)と呼ばれるツボをマッサージしましょう!

ついでに言えば、夕方よりも朝の方が目の状態は良いらしいので、午前中に検査を受けるというのも良いかもしれないですね。

それでも万が一不合格だった場合、免許や費用はどうなるのか疑問ですよね?
そんな疑問を展子が解決しちゃいます!

不合格だった場合

もし視力検査に合格出来なかったらどうなるの?すぐに免許が取り消されちゃう!?

いえいえ、万が一視力検査に合格出来なくても、その場で免許が取り消されることはありませんので安心してください。

かといって不合格のままなんてことは通らないので、次のような選択をする事になります。

  • ■視力検査に不合格だった場合
  • ・同日、時間をあけて再検査を受ける
  • ・後日再検査を受ける
  • ・視力矯正器具(メガネやコンタクトレンズ)を作って、後日再検査を受ける

どのみち再検査は避けられないので、自分の状態にあったものを選びましょう。

深視力も同様で、もし合格できない場合は当日の再検査か、別の日に改めて検査を受けることになります

視力、深視力どちらの検査にしても、免許証の有効期限には気を付けましょう。

有効期限内なら、再検査を何回か受けても特に問題はないので、期限内の合格を目指しましょう★

視力再検査の費用

視力の再検査になった場合、その費用はどうなるのでしょう。

もう一回払わなきゃいけないの!?と思っているそこのあなた!

実は再検査を受けるのに費用はかかりません!

視力検査で不合格になった場合は、手数料を収めた時にもらった証紙を貼られた申請書を返してもらえ、次回の視力検査の時にその返してもらった申請書を使うことが出来るんです。

なので、免許更新手続きの手数料が二度もかかるということはありません。安心ですね。

ちなみに免許の更新期限が近い場合には、受け直し期限を示すスタンプが押されます。

少しだけ余裕が出来ますが、油断しないで早めに受けてしまいましょう。

免許の更新期限が切れた場合

もし、視力の再検査になって免許証の有効期限内に合格できない場合はどうなってしまうのでしょうか。

実は……大変残念なのですが運転免許証は失効になってしまいます…!

視力が悪くなって合格できない場合、期限に余裕があればメガネやコンタクトレンズを用意してクリアする事も出来るかもしれませんが、ギリギリだと大変です。

ただし、免許を失効してから6ヶ月以内であれば、講習は必要になりますが申請をすれば理由に関わらず保有していた運転免許証を再取得することが出来るんです!

万が一、有効期限切れで免許を失効してしまった場合でも、これを覚えておくと安心ですね。

ちなみに大型免許の更新で、視力検査はクリアしていて深視力が合格出来ないといった場合だと、普通免許に格下げされてしまいます。

更新

レッスン8

免許の視力検査で困ったら?両眼の回復手術(レーシック)事情

視力回復の方法としてよく聞くようになったレーシック手術。

受ける方も増えてきているのですがどんな手術かはご存知ですか?

手術

レーシックとは、角膜にレーザーを照射して屈折力を調整することで、近視はもちろん遠視や乱視も治療可能な眼科手術の事。

手術が終わったら、メガネやコンタクトレンズを使わなくても裸眼でも快適に過ごすことが出来ます。

全世界ではなんと!毎年数百万人の人がレーシックを受けて視力回復をしているんだとか!

日本でも厚生労働省から2000年に認可がおりてから急速に普及し、今ではレーシック治療は1年間で約45万件も行われているんです。

視力回復は魅力だけど、安全性や費用が気になる…と言う方の為に、レーシックについてご説明していきますね!

安全性・リスク

目にレーザーを当てる手術と聞くと、その安全性が気になりますよね。展子も初めて聞いたときはちょっと怖かったです…。

レーシック手術は、眼科専門のお医者さんが適切に行えば、リスクが極めて低い安全な手術なんです。

でも向いている人、向いていない人が分かれるのでまずはそちらを確認しましょう!

  • ■レーシック手術に向いている人
  • ・近視や遠視で日常生活に不都合があるけど、メガネやコンタクトレンズは使いたくない人
  • ・ドライアイや美容上の理由からメガネやコンタクトレンズを使いたくない人
  • ・職業上、メガネやコンタクトレンズでは不便さを感じる人
  • ・視力の悪さが原因で肩こりや眼精疲労を感じている人
  • ■レーシック手術に向いていない人
  • ・20歳未満で、まだ視力が不安定な人
  • ・妊娠・授乳中の人
  • ・近視度数に対して角膜が薄い人、角膜形状不正の人
  • ・眼疾患(白内障、緑内障、網膜剥離、結膜炎など)がある人
  • ・内科的疾患(糖尿病、肝炎、膠原病など)がある人

もし、向いていない人の条件に当てはまっていても適応検査で問題がなければ手術を受けることは可能みたいなので、一度お医者さんに相談するのが良いですね!

そして、いくら安全性が高いと言ってもリスクが100%ないというわけではなく、合併症が起こる可能性は0ではありません。
なのでレーシック手術を受けようと思ったら、お医者さんからきちんとをリスクも含めた説明を受けるようにしましょう。

手術内容

さてさて、次はレーシック手術はどのような手順で行われているのかを確認しましょう!

■レーシックの手順

①麻酔
点眼麻酔をして、眼を洗浄します。
②フラップ作成
マイクロケラトームという器具、またはレーザーで角膜表面にフラップを作成します。 フラップとはフタのようなもの。このフタを開けた部分にレーザーを照射して角膜の形を変えます。
③レーザー照射
レーザーで角膜の形を調整します。手術中に眼が動いても、コンピューター制御で正しい位置にレーザーがアイトラッカーという機能(アイトラッキングシステム)が付いています。
④フラップを戻す
レーザーが照射される時間はわずか数十秒で、角膜の形を調整したらフラップを元の位置に戻します。
⑤洗浄
最後に眼を洗浄します。手術は10分程度で終わり、角膜は自然に接着されます。

手術と言っても日帰りで、しかも10分ぐらいで終わってしまうなんて驚きですね。

この手術で視力が大体1.0~2.0に回復しちゃうんです!

費用

費用と料金

レーシック手術を検討されている方は、やっぱり手術費用が一番気になるところですよね。

病院によって費用に結構違いがあるのですが、目安としては以下のようになります。

レーシック手術費用
スタンダード 約7万~20万
プレミアム 約25万~40万

治療方法や内容で費用が変動するので、お医者さんに話を聞くのが確実です。

ただ注意してほしい点が1つ。

安さだけでは選ばないでください!

安い方が良いとは思いますが、あまりに安いと技術が未熟だったり、衛生管理がしっかりされていなかったりする可能性が高まります。
それで後遺症が出てしまったらかえって高くつくことも。

病院の評判を調べたり、検査を受けて自分に合った手術を調べてもらったり、しっかりとした説明をしてもらったりしましょうね。

それとレーシックについての注意点がもう一つ!

手術が終わって視力が回復したら、必ず限定解除申請をしましょう

裸眼の視力で免許を取っていた人は大丈夫なのですが、免許条件に「眼鏡等」の記載がある方の場合、眼鏡やコンタクトレンズをつけないで運転をしていると条件違反になってしまうんです。

条件違反で捕まると、違反点数が2点、さらに罰金を支払う事になるので、免許センターなどで限定解除の申請を行いましょうね。

ちなみに効果のほどはわかりませんが…。民間治療の一環として、音波治療器も活用されています。

この音波治療器は、本体から発せられる超音波によって眼球の血行促進が行えます。(医療機器として認可されていません)

レッスン9

免許取得・更新時の視力検査についてまとめ

全国展子

免許の取得や更新で行われる視力検査についてご説明しましたがいかがでしたか?

トラック王

毎度のことながら分かりやすかったぞ。

トラック姫

視力検査は完璧トラー!姫も視力検査してみるトラ。

トラック王

どれ、手伝ってやろう。姫、この記号はどっち向きじゃ?

トラック姫

右トラー!次は左、下…

トラック王

どんどん難しくなるぞ。右、上、白上げて

トラック姫

赤白下げて、赤上げるトラー!

全国展子

途中から旗あげゲームになってますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

上へ戻る

「トラック王国」