全国のドライバーへ捧ぐ、トラック・バス・重機の最前線メディア

トラック王国ジャーナル

トラック

バスを廃車にする目安と手続きの流れ、事前に高額買取してもらうコツ

公開 : 2024/01/30更新 : 2024/06/14

20240130_bus_scrapped 全国展子 みなさん、こんにちは! トラック王国の展示場スタッフ、全国 展子(ぜんこく てんこ)と申します!
今回はバスを廃車にするのご紹介です!ブックマーク登録もよろしくお願いします!

バスの走行距離が長くなってきた時に、廃車か買取してもらうか悩みますよね?今のバスの状態や年式、走行距離やメーカー名と型式などで廃車を考える前に、高額で買取してもらえたら次のバスの購入資金にプラスにできます。
今は福祉のシーンでも大人気の中古バス。どうしたら高額買取してもらえるか?ちょっとしたコツが大きな違いになるかもしれません。

今回は廃車の目安や手続きから、大型バス、中型、小型の第二の人生になる高額買取のコツまでしっかり調べてみました。これを見る前と後では、買取金額に差が!いすゞ、日野、三菱ふそう、UDのバスをお持ちの方は必見です!

>>いち早くトラックを売却したい方はこちら!

【用途別】バスを廃車にする寿命の目安

バスを廃車にする場合、どのくらい使用すると寿命なのでしょうか?一般的に自家用車だと、10万キロを一つの目安として考えますが平気でそれ以上乗っている方もいます。もう一つの基準は使用年数です。さびが目立ってきたり、足回りのヘタレやデザインが古くなったなどが理由として挙げられます。ですが、事業でバスを運行している場合そう簡単に買い替えも出来ません。新車になると高額になるので、程度のいい同型のバスに買い替えているケースもあります。まずは、廃車の目安を見てみましょう。バスの用途によってこんなに差がありました。

路線バス

約100万キロ。走行キロは遠距離と比べて短いが、信号やバス停などでストップ&ゴーが多く足回りやブレーキ、エンジンやトランスミッションへの負荷が大きいので寿命が早い。特にトランスミッションはギアチェンジの回数が多く、比較的低速ギアでの走行が目立つので重量のあるバスはダメージが早い。また、空き車両は、イベントのシャトルバスへの転換もあるので同じようにストップ&ゴーが多い。

観光バス

約200万キロ。観光地から観光地への移動で走行時間が長いと思われるが、意外と観光客が降りている停車時間が長く年数的にも寿命は長い。学校のイベント(遠足、研修)や社員旅行などのチャーターとしても利用がある。

高速バス

約200万キロ。高速バスは遠距離の夜行バスとしても利用が多い。走行中は乗客が椅子に座りっぱなしなので、椅子のヘタレや汚れで車内の痛みが目立つ。タイヤが減りやすく、足回りのダメージが大きい。エンジンはギアチェンジが少ない分、高速で安定した走行が多いのでエンジンのトラブルは少ないが走行キロ数の伸びが早い。

バスの廃車手続きの流れ

廃車の手続きは大型のバスでも、普通自動車と同じ四輪車扱いとなっています。「一時抹消」と「永久抹消」の二種類があり、以下のように目的によって使い分けることができます。

一時登録抹消

使用することが決まっている車両をいったん廃車として登録を抹消します。これにより毎年納付義務のある車税が、抹消してある期間はかかりません。ナンバーを外して、丸カンと車検証を管轄している陸運支局に提出が必要です。また使用する段階で、車検を受けナンバーを取得します。

永久抹消

全く使用しなくなった車両を廃車にするときに、こちらの永久抹消の書類を提出します。一時抹消と同じでナンバーを外して、管轄の陸運支局に提出します。さらに廃車の証明にスクラップ(解体)の日付も必要となります。

このように一時抹消の書類も、永久抹消の書類も陸運支局に取りに行ったりダウンロードできますがナンバーを外すには特殊な工具が必要です。またこれらの作業は※法律で封印取り付け受託者がしなければならず、一般の方がナンバーの封印を外すと法律違反となってしまいます。どちらにしろ、どこかの整備工場や専門の業者に依頼しなくてはなりません。
※道路運送車両法施行規則第二章自動車登録番号標及び封印

もちろんナンバーを外すと、公道を走ることはできないので搬送車に乗せて移動するかその業者に廃車をお願いするパターンが多いようです。

廃車になったバスの使い道

バスを廃車にした場合、大きな車体はどうなってしまうのでしょうか?今はSDGsの観点からもリサイクルや再利用といった形をとる業者も増えています。一時登録抹消をすると、また走行することが可能なので壊れた部品を修理して使用することができます。この場合査定をしてもらい、買取業者へお願いすると販路によって中古販売をしてくれます。

再利用ともいえますが、塗装を施して中をきれいにしたマイクロバスなら幼稚園バスや福祉系の施設で使えます。最近、放課後等デイサービス事業所やショートステイなどの介護施設が多くなり、お手頃な中古バスを送迎で使用するケースも多いようです。地方の移動販売も、古いバスが頑張っていますね。

走行できないバスは、そのまま移動して倉庫や物置に使ったり、中にはバスラーメン店として車内を厨房に作り替える業者さんもあります。一部マニアの方が購入して博物館に展示したり、趣味としてオークションなどで手に入れ自宅に置くなどしているようです。店舗としてならアイデア次第で、バスが話題になります。

解体する前には、使用できる部品を取り外して海外に販売する方法もあります。日本の自動車は、故障が少ないので海外で第二の人生を送っている車両も多く、ロシア、中国、東南アジア、ブラジル、アフリカ等発展途上国と呼ばれる地域で活躍しています。現地で故障すると、日本の部品というだけで取引があり実際にはトヨタの車に日産の部品を取り付けるなど、メーカーや年式を問わず需要があります。

ただ現実としては、なかなか個人では外国の方にバスの部品を売るのは至難の業なので(言葉や輸出の問題)専門の業者さんに任せるのがスムーズです。

廃車前にバスを高額買取してもらうコツ

では、次のバスの購入資金として廃車前に高額買取をしてもらえるコツがあるとしたら!気になりませんか?専門の買取業者は、バスも手ぐすねをひいて待っています。少しでも高く買い取ってもらえるように、次のような簡単にできることから始めてみましょう。

専門業者に買取してもらう

専門の買取業者は、詳しくバスの事を知っているので普通は見落としそうなオプションや装備も見逃しません。運転席のヒーター、電動ローラーカーテン式サンバイザー、中間テレビモニター、座席のサロン仕様、トランクルームの引き出し式ラゲッジキャリア、寒冷地向けダンパーなどバスを扱っているからこその加点が期待できます。さらに、バスの販路が広く、もし故障しているバスでも古くて動かないバスでも海外へのルートを持っているので部品としての価値を見出してくれます。あきらめないで!

念入りに清掃する

バスの外観をきれいにするのは、印象が良くなり普段からメンテナンスをしていることが見て取れるからです。タイヤのアルミがきれいだと、細かいところまで手をかけているのが分かり逆に錆びていると他の所も錆びているのではないかと勘繰られてしまいます。ガソリンスタンドなどの自動洗車機を利用したり、長い柄のモップで掃除するなど細かい部分もきれいにしましょう。

アルミ用の洗剤を使う時は、溶剤の種類によって他の部品を劣化させる影響が出るものがあります。使用の注意をよく読んで利用して下さい。夜間を走る長距離バスは虫を落とすのに苦労しているようです。そんな時の必殺技は、百均のメッシュスポンジを使ってみてください。メッシュの網が一回こする毎に、虫をからめとってくれます。

荷物の出し入れで使用するトランクルームも、清掃をしていないと次に使う人の荷物が汚れてしまうので減点の要素になってしまいます。外装もそうですが、座席、通路、トランクルーム、昇降階段、手すり、ルームライト、客席荷物棚、カップホルダー、エアコン吹き出し口、カーテンなど、コロナウイルス感染防止の観点からも、手に触れるところはアルコールの業務用ウェットシートを使用するときれいになり、除菌効果も期待できます。

純正品のパーツを利用する

ハンドルを使いやすいものに取り換えたり、ヘッドライトを取り換えている場合は純正のパーツに戻しましょう。部品一つで、車検に通らないことも珍しくありません。特にヘッドライトを純正でないLEDやHIDに取り換えていると、カットラインがずれていることがあるので直すまで車検には受かりません。明るくしたから、逆に加点でしょ?と安易に考えてはいけません。詳しくはこちらをご覧ください。

整備記録などの書類を用意する

いつどのようにメンテナンスしたか買取業者が分かるような書類を準備します。故障して取り換えた部品や、修理箇所が分かるとバスの寿命が長くなります。買取業者は、程度のいいバスを取り扱っていると評判が広まるためにも、そんなバスを待っているのです。

バスを廃車にする目安についてのまとめ

今回はバスの廃車の目安や手続きについて、いろいろと紹介しましたがいかがでしたでしょうか。廃車かなと思っても、それはあくまでもあなたの資産として利益を生んできたバスです。動かなくなっても最後まであきらめないで、少しでも資金として考えてみましょう。買取金額が高ければ、USBプラグがたくさんついたLEDで車内が明るい最新型のバスにオプションをプラスできるかもしれません。

  • 全国展子

    そんなバスなどの大型車両の買取サービスとして「トラック王国」をおすすめします。これを見た今がそのタイミングかも!何台あっても心配はいりません、バスはこちらへ!

>>いち早くトラックを売却したい方はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでトラック王国をフォローしよう!
トラック王国からのお得な情報をゲットしよう!
友だち追加