【トラック王国】ジャーナル!

トラック仕事を充実させたい! 『トラック王国ジャーナル』は、全国のドライバーへ捧ぐ、 トラック・バス・重機の最前線メディアです!!

運送業界・トラック業界の今後や年収・給料は?業界あるある&用語辞典付き!

全国展子

みなさん、こんにちは! トラック王国の展示場スタッフ、全国 展子(ぜんこく てんこ)と申します!

今回は運送業界の今後や年収について!「トラックドライバーの年収は?」「運送業界の今後は?」などの疑問にお答えします!さらに、運送業界のあるあるもまとめてみましたので、最後までお楽しみくださいね!

運送業界
[最終更新日]2017年12月25日
※初版は2016年12月06日に公開されました。

中古平ボディやバン、コチラで全部チェックできます!

レッスン1

運送業界の年収目安[平均年収など]

運送業界に関わりたい、もしくは関わっている方は、トラックドライバーがどれくらいの年収になるか、気になることもあるかと思います。

罰金

そこで今回は、トラックドライバーの年収について調べてみました!

■トラックドライバーの年収目安

平均年収
393万円
最大年収
650万円

トラックのドライバーのタイプも様々ありますが、長距離荷物を運ぶ大型トラック運転手や、コンビニへの配送を行う小型トラック運転手など、配送を行う距離も異なります。

配送を行う荷物も、建設資材から食料品、書類などと様々な種類があり、決められた時間までに荷物を配送したり、集荷したりしないといけません。

さらに荷物を運ぶ際は安全運転も必要になり、肉体的にも精神的もタフな人が求められます。

加えて、運転することが好きでないと、ドライバーは続けるのが難しいでしょう。

年収は運転するトラックのタイプによっても異なり、大型トラックの方が収入も高くなっています。

特に大型トラックの中でも、大手の宅配・引越し業ドライバーの給料が高くなっているので、年収も840万円程度になることも!

そんなトラックドライバーの年収については、下記の記事で詳しくまとめています★

しかし、数十年前に比べると賃金は安くなっていて、場合によっては最低賃金に近い基本給も!

ちなみに賃金の中には、配送手当や長距離手当、業務手当なども含まれています。

この理由は、人手不足などにより売り上げの確保が難しくなっているためで、賃金に影響が出ているのです。

さらに、トラックドライバーの過労運転防止の観点などから、運転するほどドライバーが儲かる「個人償却制」を取り入れていた会社が摘発されるなど、ドライバーの労働環境見直しが求められています!

全国展子

次の項目からは、運送業界の景気や、今後の動向などについてご紹介します!

レッスン2

運送業界の景気と今後[物流市場の拡大・3PL]

近年の運送業界は燃料高沸の影響も落ち着き、業績が伸びてきています。

運送業の動向

特にインターネットでの通販によって物流の量も増えていることから、電子取引の市場拡大とともに物流市場も拡大しているのです!

しかし、流通を支えるトラックドライバーは慢性的に不足していて求人倍率は高い状況が続いています◎。

このような状況に対応するために、新たなシステムの導入や流通拠点の整備も進められていて、大型トラックを2台連結させた「ダブル連結トラック」の導入を目指した実験や、インターネット通販会社が自社で流通まで行うケースなどがあります。

さらに、物流業務の全体や一部を他の会社に任せる3PL(サード・パーティ・ロジスティクス)も広がりつつあります。

3PLとは

この3PLをメーカーが取り入れることによって、物流にかかるコストや環境への負荷を減らし、新たな雇用を生み出すことも。

加えて、2017年に新設される準中型免許は、中型免許のように普通免許を2年以上持っていなくても、18歳から取得可能なので、高校卒業者の小型トラック運転手が増えるのではと期待されています。

現在は大型トラックに装着の義務がある運行記録計(デジタコ)は、今後新車購入時以外にも装着が義務付けられるように検討されていて、デジタコと連動したドライブレコーダーやアルコールチェック、運行管理システムなど、リアルタイムで情報のやり取りができる新たな運行記録計の実用化も進められています。

また、宅配ドライバーの労働環境を良くするために、再配達を減らす取り組みも進められ、国土交通省は運送業の適正運賃・料金収受の推進のために、積込料・取卸料・待機時間料等を運送状に記載することを求めています!将来的にはAIや自動運転、ドローンなどの活用も検討されています!

さらに、運送業界の上位ランキングに属している会社は、以下の様に分類できます!

運送業界の分類

宅配会社
ヤマト運輸や佐川急便など、宅配業務が中心の企業
総合物流会社
日本通運のような、物流に関する加工や輸出代行などを総合的に行う企業 
サード・パーティ・ロジスティクス
日立物流のような、物流業務の全体や一部を他社に任せる企業

この中でも、新しい技術や仕組みを積極的に取り入れているヤマト運輸や、自社物流を強化しているAmazon(アマゾン)の動向は、以下のようにまとめられます。

  • ■ヤマト運輸の動向
  • ・基本運賃値上げと残業代支払い
  • ・LINEを活用した再配達の効率化
  • ・配達効率化のため配送拠点の増加
  • ■Amazonの動向
  • ・即日配達の導入で売り上げ増加
  • ・日用品をボタン1つで配送するシステムの導入
  • ・プライベートブランドや生鮮食品を強化

全国展子

運送業界もさまざまな工夫をして効率化を狙っているんですね!

レッスン3

運送業界の動向[ドライバーの高齢化]

運送業界は、ドライバーの高齢化や長時間労働による労働環境悪化によって、人材確保が難しくなっています…。

運送業界の今後

このような問題解決のために、労働環境の改善や、道路交通法改正による準中型免許の新設などの対策が行われています!

しかし、ドライバー不足はすぐに解消できる問題ではないため、現状のドライバーやトラックのみで売り上げを上げることも求められています。

その一例として、荷主に賃上げを行う提案をしたり、提案を採用できるような荷主とのマッチングも必要になったりするとの意見があります。

また、運送業界ではドライバー以外の人材も求められています★

近年運送業界では、コンプライアンス遵守の傾向が強くなってきているので、安全管理などの専門的な人材が必要になりつつあります◎。

さらに、物流業務を第三の企業に委託する3PL(サードパーティー・ロジスティクス)の導入も増えているので、この3PLを支える物流管理のプロフェッショナルを求めている会社も増えているとか。

そういった知識や経験を持っている方は、運送会社に応募してみてはいかがでしょうか?

トラック王

運送業界も様々な人材を求めているんじゃな。

レッスン4

就職・転職ガイド[運送業界への転職方法]

トラックドライバーなど、運送業に携わる会社に転職するとしたら、どこで情報を探せば良いでしょうか?

転職方法

運送業の求人情報は、以下のようなところで得ることが可能です。

  • ■運送業界の掲載媒体
  • ・ハローワーク
  • ・スーパーなどの店頭
  • ・運送会社のホームページ
  • ・ドライバー専用求人サイト

また、免許は現行の中型免許か、旧普通免許を持っていたほうが、仕事の選択肢が広がるでしょう★

普通免許しか持っていなければ、中型免許を取得した上で、後ほど大型免許を取得しておけば金銭的にも楽に取れますよ◎!

もしも中型免許を取得する場合は、普通免許と同じような教習内容で得ることが出来ます!

そして中型免許があれば、11トン未満のトラックまで運転できるので、運送業の仕事の多くを行うことができます。

大型免許を取得していれば乗ることができる大型トラックの中には、トランスミッションがオートマチックであったり、エアサスペンションを備えていたりする車両も多いので、操作性や乗り心地が向上しています。

さらにデジタルタコグラフドライブレコーダーなども備えられているので、安全対策や環境への配慮も行えます。

評価されやすい志望動機

運送業界の会社の中から希望の求人が見つかったら、どんな志望動機が必要になるか気になりませんか?

「会社に何をアピールしていいか分からない…」そんな方のために、展子が評価されやすい志望動機をご紹介★

志望動機

志望動機を書く際は、やはり運送業界の知識が多ければ多いほど書きやすいはず。

さらに、運送業界が誰のために役立っているかなど、肝となる部分を理解しておかないといけません。

これらの部分を深く知っておけば、会社が求める人材というものが見えて来て、自分をアピールする部分も分かって来るのでは?

例えば、製品を家庭に運ぶことなどが仕事なのですから、壊れていない状態で慎重に運ぶ必要がありますよね。

また、長時間の労働を行ったり、重い荷物を運んだりする機会もあるので、体力があることもアピールした方が良いでしょう◎。

業務中はドライバーによる事故も起こりやすいので、事故を起こさないこと・起こしていないことも伝えてみてはいかがでしょうか?

全国展子

次の項目では、どんなドライバーが求められているか、ご紹介!

求められる人材像

求められる人物像

運送業界で求められる人材は、やはり事故などを起こさず安全に業務を行えることが求められます!

加えて、業務中はミスを発生させないことや、作業を早く行うスピードも必要になります。

積荷の際は重い荷物を運ぶこともあるので、体力が無いと辛いこともありますが、業務に必要となる資格を持っていることも大切。

また、複数人でチームを組んで業務を行う際は、業務管理などの能力も問われますので、同様の経験があればアピールしましょう★

運送に関する情報やシステムはIT化が進んでいるので、適応するための知識や経験もあればなお良いでしょう◎。

さらに、業務によっては関連企業や顧客に対応することもあるので、コミュニケーション能力も必要になることも。

その中で、お客様が何を求めているかを知ることが出来れば、業務もより上手く行くのでは?

年収アップを狙える資格

運送業界で働くにあたり、現状の収入では満足せず「さらに収入を上げたい!」と思う方もいらっしゃるのでは?

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc-5

そんな方は、年収アップを狙える資格の取得に励んでみてはいかがでしょうか!

年収アップを狙える資格には、以下のようなものがあります★

  • ■年収アップを狙える資格
  • ・中型免許
  • ・大型免許
  • ・けん引免許
  • ・フォークリフト運転資格
  • ・クレーン運転資格
  • ・運行管理者資格
  • ・整備管理者資格

上記のような資格があれば、仕事の幅が広がり、給料も上がるはずです。

特にトラックの運転に必要な中型・大型免許をはじめ、フルトレーラーやセミトレーラーの運転に必要なけん引免許などは、用途に応じて取っておきたいですよね◎。

また、倉庫内でのパレットの積み下ろしに必要なフォークリフト運転資格や、大きなコンテナなどを持ち上げるのに必要なクレーン運転資格も、持っていると良いでしょう。

さらにドライバーの乗務や休憩、指導などを行う運行管理者資格や、トラックのメンテナンスを行い車両トラブルを防ぐ整備管理者資格などもあります。

作業に役立つ資格を何かしら取っておけば、年収アップに繋がるのではないでしょうか!

トラック姫

全部の資格を取りたいトラー!

面接の内容や必要なもの

運送会社に応募をしたら、次は面接を受けることになるでしょう!運送会社が採用を行う際は書類選考よりも、面接に重きを置いていることが多いのです。

全国展子

「人は見た目で決まる」とも言いますので、服装は無難にスーツや革靴など、清潔感のある服装を心がけましょう!

服装でわからない点などがあれば、面接先に問い合わせても良いでしょう。また、面接では以下の持ち物を準備すると良いでしょう。

  • ■面接に必要なもの
  • ・履歴書
  • ・筆記道具
  • ・免許証
  • ・印鑑
  • ・求人情報が書かれた書類 など

求人情報が書かれた書類は、住所電話番号の確認、面接時に条件の再確認などをする際に必要なので用意しましょう。

面接時のマナーとしては、余裕をもつためにも面接会場へは10分前までには着くようにすることや、言葉遣いに注意すること・携帯電話の電源はオフにすること・面接先の会社で他の人たちとすれ違ったら挨拶を欠かさないなども、もちろん必要ですよ!

実際に面接で聞かれる質問は、以下のようなものがあります。

  • ■面接の質問内容
  • ・トラック、運送業界での業務経験
  • ・取得免許について
  • ・免許取得年数
  • ・事故の経験
  • ・手積み・手降ろしができるか
  • ・前職の退職理由

面接の終盤は、面接官から「質問はありますか?」と聞かれることが多いでしょう。

この際は、業務内容や給与、勤務日・勤務時間の再確認、合否連絡の日程などについて尋ねてみるのも良いでしょう。

しかし、自分の都合ばかりを優先して高い給与を望んだり、勤務時間に無理を言ってしまったりするのは印象が悪くなるのでやめておきましょう!

運送会社を開業する場合

運送業界での経験が長い方には、「自分でも運送会社を開業したい!」という方もいらっしゃるのでは?

では、実際に運送会社を開業するには、何が必要になるのでしょうか?

開業を行うには、以下の条件が必要になります★

  • ■開業に必要なもの
  • ・営業所
  • ・車両(1営業所につき5台)
  • ・車庫
  • ・事務所及び休憩施設
  • ・運行管理者・整備管理者(又は資格のある運転者)
  • ・輸送管理体制
  • ・資金・収支計画
  • ・保険の加入

運送業などの一般貨物自動車運送事業は、顧客の要求に対してトラックなどの自動車で貨物を運送します。

この事業を始めるには国土交通大臣か地方運輸局長の許可が必要ですが、許可なく営業すると1年以下の懲役か100万円以下の罰金が科されます!

また、運送業の事業には緑ナンバーと呼ばれるナンバーが必要で、取得するのに4ヶ月程度かかります

緑ナンバーを取得するには、車両台数が5台以上である事や、車庫や立地条件・運行管理者の確認が行われます。

さらに、自己資金の金額まで確認されるので、銀行からお金を借りている場合などは、取得が難しくなるでしょう。

運送業界あるある★[運送業界の良い点]

ドライバーとして運送業界に就職(又は転職)した場合に、「これは嬉しいなー」と思う点は、結構あるようです。

メリット

特に、ドライバーが不足している会社が多いので求人が尽きないことや、トラックに乗ってしまえば1人の空間を作れて、気楽なことなど。

このような大きな点以外にも、小さなことで「得だなー」と思うこともしばしばあるとか★

そこで今回は、運送業で働いていて良いなーと思ったことについて、意見を集めてリストアップしました!

  • ■運送業界の良い点
  • ・常に求人がある
  • ・運転技術を活かせる
  • ・対人関係が楽
  • ・忙しくない時期もある
  • ・差し入れが嬉しい
  • ・先輩にご飯をおごって貰える
  • ・配送先の人と恋愛関係になることも?

ちなみに、近年話題にあがっている自動運転が取り入れられたら、ドライバーは運転を行うことが無くなるので、業務形態は劇的に変化します。

自動運転が大々的に導入されると運転中にタブレットを操作できるので、取引先とのやり取りや、これから向かう地域のランチ情報収集も容易に◎!

つまり、運転中に事務作業が行えるようになるので、より生産性もあがり、高齢の方でも容易に業務を行えるようになるかも!?

レッスン5

運送業界の用語辞典[業界用語の説明]

運送業界にいると、業界独自の用語も使われる機会があるので、「この用語はどんな意味があるの?」と思ったことはありませんか?

そこで今回は!展子が代表的な用語をご紹介していきたいと思います★

ただし、会社によっては通じない用語もあるかも知れませんので、ご注意ください!
%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc-6

  • ・ラッシング
  • 荷物などに取り付けて、転倒や荷崩れを防ぐベルトのこと。
  • ラチェット式は締める時にガチャガチャという音がするので、ガッチャと呼ばれることも。
  • ・デジタコ
  • トラックに取り付ける電子運行記録計。
  • 走行時の速度や休憩時間など、労働に関するデータを管理できます。
  • データを解析すれば、燃費の節約などに役立てられます。
  • ・バックアイ
  • トラックがバックをする際、後ろを確認するために使うカメラです。
  • トラックは死角が多いので、自動車以上に確認が必要になります。
  • ・Gマーク
  • Gマーク出典先:全日本トラック協会
  • 全日本トラック協会が認定、交付を行なう、安全な事業者に贈られるマーク。
  • 取得するには事故を3年起こさないなど、様々な条件があります。
  • ・セドル
  • トレーラーが入ることが出来ない場所の近辺で、積み替えを行ない回送すること。
  • ・乗越
  • 荷物が間違った営業所に届いてしまうこと。
  • トラック側の路線ミスか、伝票の書き間違えなどによって発生します。
  • ・ドッキング
  • トラック同士で荷物を交換すること。
  • 公道で作業を行ったり、荷物が把握しにくくなったりするので、禁止されている場合も。
  • ・現認(現地確認)
  • 配達前や配達後の荷物が破損していることを報告すること。
  • 報告を行わないと、自分が壊したことになってしまいます。
  • ・ぼうず
  • 破れた荷物
  • 伝票が剥がれてしまった荷物のこと。
  • ・口割れ
  • 複数の荷物を1枚の伝票で送る際、荷物の数が足りないこと。
  • 2個口割れという風に使います。

全国展子

これらの用語以外にも、様々な業界用語が使われています★

お得なウイング車、コチラで全部チェックできます!

レッスン6

運送業界のまとめ

全国展子

運送業界の傾向や年収について、ご理解いただけましたか?

トラック王

慢性的にドライバーは不足しているんじゃなー。

トラック姫

運送業界の問題を解決したいトラー!

トラック王

おお!姫も成長したのう…

トラック姫

トラック王国の資金を全部使うトラー!

全国展子

(無茶苦茶なこと言いますね…)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

上へ戻る

「トラック王国」