中古クレーン車販売車両一覧

購入・お探しはこちら:0120-390-612:買取・下取りはこちら:0120-390-146
お問合せ番号:QJ167158
お問合せ番号:Q165947
お問合せ番号:RX167312
お問合せ番号:Q165925
価格:
148万円(税・リ別)
走行距離:
221,633km
年式:
1995年(平成7年)
お問合せ番号:QJ161672
価格:
188万円(税・リ別)
走行距離:
187,164km
年式:
2004年(平成16年)
お問合せ番号:HM163283
お問合せ番号:MM167064
お問合せ番号:F166322
お問合せ番号:GL165718
お問合せ番号:MX165062
お問合せ番号:MX163854
お問合せ番号:HT143496
お問合せ番号:WP147750

販売中の中古トラック車両一覧: 38台中 1台目から 38台目を表示

上へ戻る

クレーン車について

「クレーン車」とは、シャシにクレーンを乗せた形状の車両の総称で、荷台の代わりにクレーンを架装している車、言い換えれば道路を自走できる移動式クレーン全般のことを指します。一般に「クレーン車」と呼ばれるものは、大きく分けて「ラフテレーンクレーン」(ホイールクレーン)、「トラッククレーン」、「オールテレーンクレーン」の3つに分類されます。 車重が重くアームの取り付け位置が高いことや、つり下げ方向も真下のみ、つり下げたままの走行は不可能と制約が多いので、ロードサービスの現場や運搬には不向きですが、360度回転するアームをもっており主に建築現場で重い資材のつり上げ移動には欠かせない存在となっています。

クレーン車の特徴

クレーン車は、ブームを支える起状シリンダーで高さを調整、ブーム、アームの伸縮で目的の荷物の上にクレーンフックを配置し、油圧の力でウインチドラムを巻き込むことで重量物を吊り上げます。全てのクレーン車に重量物を吊り上げる際に転倒を防止するためのアウトリガーが装備されています。クレーン車は不特定の場所へ移動して作業できる移動式クレーンに分類される構造のもので、大きく分けてトラック式とホイール式、クローラー式があります。トラック式はトラックにクレーンを架装し、トラック特有の走行性能を活かした移動が可能という利点があります。ホイール式はトラッククレーン同様に公道走行が可能で、不整地走行性に優れているという利点があります。クローラー式は公道走行はできないが、軟弱地盤でも走行可能で大規模な工事現場で広く活躍します。

クレーン車の使用用途

クレーン車は吊上げ荷重数トンから百トン以上まで幅広いラインナップがあり、人力では持ち上げが不可能なものや移動が困難なものを吊り上げて目的の場所に移動することができます。荷台を持つトラッククレーンの場合は、吊荷を荷台に積載して運搬できますので、手積み手降ろしの手間を大幅にカットすることができ、作業効率を大幅にアップすることができます。さらに、トラッククレーンの場合は小回り性が高いという利点がありますが、不整地での走行、作業を伴う場合は、ホイール式、クローラー式の大型のクレーン車を用いる必要があります。荷役作業の効率化や重量物の据付けなど、用途に合わせたクレーン車を用いることで幅広い分野で活用することができます。

専任オペレーター直通フリーダイヤル。 購入・お探しは 0120-390-612 買取・下取は 0120-390-146

スタッフ紹介ページへ トラック王国のスタッフをご紹介 クリック

登録無料 便利でオトク 会員限定特典 ゲリラセール!値下げ情報!