【トラック王国】ジャーナル!

トラック仕事を充実させたい! 『トラック王国ジャーナル』は、全国のドライバーへ捧ぐ、 トラック・バス・重機の最前線メディアです!!

中古トラックのリースとは?その詳細やリースと購入の比較まで!

全国展子

みなさん、こんにちは! トラック王国の展示場スタッフ、全国 展子(ぜんこく てんこ)と申します!

「新たなトラックを会社に導入したいけど、予算が足りない」そんな場合は、リースという選択肢もあります!今回はトラックのリースについての紹介からメリットデメリット、さらにリースと中古トラック購入の比較、中古トラックを購入したほうが良い場合についてもご紹介!

sftr1
[最終更新日]2018年09月19日
※初版は2018年09月19日に公開されました。

レッスン1

中古トラックのリースについて

「トラックを数年間だけ使いたいけど、購入すれば良いのか、借りれば良いのかわからない…」このような場合は、中古トラックをリースで借りれば、数年間など必要な期間だけ活用できますよ!

今回はトラックのリースに関する説明や実例、「トラック王国」でのリース車両の取り扱いについてお伝えします。

業務に使えるトラックはコチラ!

そもそもリースってどんな仕組み?

リースとは、リース会社が機械や設備を購入して、企業や個人に貸し出すこと。貸出期間はリースの場合は主に複数年、レンタルの場合は月や週単位になります。商品の所有権と保守は、リースの場合リース会社が、レンタルの場合はレンタル会社が持つことになります。

全国展子

リースの種類は、以下の2種類に分かれています。

ファイナンスリース

お客様が希望する車両をリース会社が購入、長期間賃貸すること。借主が特定されるため、不特定多数が対象のレンタルとは異なります。また、車両の所有権が、契約終了後に使用者に移る所有権移転と、移らない所有権移転外に分かれます。

オペレーティングリース

オペレーティングリースは、契約期間に応じた金額を払い、期間後に返却を行うこと。レンタルと同意で、おなじみのビデオやCDレンタルのほか、機械や船舶、飛行機などにもオペレーティングリースは存在します。

リースとレンタル、ローンとの違いについて

ここまでは、リースの仕組みや種類について説明しました。では、この似て非なるリースやレンタル、ローンの違いはなんでしょうか?

リースとレンタルを比較すると、リースやローンは中途の解約ができず、レンタルはいつでも解約ができることが違いです!

車両の保守に関しては、リースはユーザー側に保守修繕義務があり、レンタルはレンタル会社に保守修繕の義務があります。車両が破損した場合も同様の修繕義務が生じます。

また、ローンは購入後分割で支払う売買契約です。ローンの支払いが終わり、所有権を自分側に移す所有権解除を行えば、商品の売却が可能となり、税金の支払いや修繕を利用者が行うことになります。

さらに、レンタルやローンは契約によっては頭金が必要な場合もあるので、契約会社に確認しておいたほうが良いでしょう。

ここまでで説明しましたリースやレンタル、ローンの違いについて、以下の表にまとめました!

リース・レンタル・ローンの違い

種類 リース レンタル ローン
所有権 リース会社 レンタル会社 ローン会社
中途解約 原則不可 可能 原則不可
取引の法的扱い 賃貸借 賃貸借 売買契約
契約期間 主に3年以上 1週間から1ヵ月 所有権解除まで
税金・修繕費 リース会社 レンタル会社 利用者・購入者

所有権解除の流れや必要書類について

ローン会社を利用して車両を購入した場合は、決められた期間内は毎月支払いを行います。この支払いが終わった後は、車両の所有権をローン会社から自分に移す所有権解除が必要になります。

所有権解除を個人で行う際は、以下の流れで手続きを行ってください!

  • 所有権解除の流れ
  • ローン会社から完済前に「所有権名義変更」についてお知らせが届く
  • 必要書類をローン会社に送る
  • ローン会社から所有権解除に必要な書類が送られる
  • 住所を管理する陸運局で手続きを行う

所有権解除が行える状態になったら、ローン会社に所有権解除についての連絡を行い、手続きを開始しましょう!ローン会社に送付する書類は、以下が必要です。

  • ローン会社に送る書類
  • 所有権解除書類
  • 車検証のコピー
  • 印鑑証明書
  • お知らせのハガキ
  • 自動車納税証明書のコピー

ローン会社に必要書類を送った後は、譲渡証明書と委任状、印鑑証明書が送られてきます。この書類を持参して、陸運局で申し込み用紙を購入して記入を行えば、窓口で所有者が変更された車検証を渡されます。最後に税事務所で自動車税の申請を行えば終了です!

レッスン2

トラックをリースで借りるには?

lease2

▲トラックを借りる流れとは?

さて!実際にリースでトラックを借りる場合は、どんな流れになっているのでしょうか?また、借りられる車両金額はどうなっているのでしょうか?ここからは、そのような疑問にお答えするため、一例をご紹介します!

トラックリースの仕組み・流れ

トラックをリースで借りる場合は、以下のような流れになっています。

  • トラックリースの流れ
  • 車両決め
  • 申し込み
  • 審査
  • 見積書発行
  • 契約締結
  • 納車

リースを行える車種は借主により指定できることが多く、会社によっては最新の車両を借りられる場合もあります!

また、トラックリースに必要な書類の一例を以下に列挙します。書類は契約内容や会社によって異なるので、契約時にご確認ください。

  • トラックリースの必要書類
  • 実印
  • 登記簿謄本
  • 印鑑証明
  • 銀行口座カード
  • 増車申請
  • 車庫証明
  • 委任状
  • 印鑑証明

さらに、車両のリース料金は、会社によって提示している所としていない所に分かれています。

全国展子

ここでは、トラックリースの月額一例をご紹介します!

  • トラックリース月額一例
  • 小型トラック→7万円
  • 中型トラック→10万円
  • 大型トラック→27万円

トラックをリースで数年借りる際は、上記のような月額で数年間借りることになります。また、リース会社によっては年間走行距離が設定されていて、オーバーすると支払い金額が変更になることもあります!こちらもメーカーに詳細をご確認ください。

トラックの車検や整備に関しても、リース会社によって対応が異なります。リース会社によっては、契約終了後に車両の所有が可能な場合もあるので、車両の購入を見据えたリースの利用も可能です!

トラックリースのメリット

では、リースを利用することによって発生するメリットは、何があるのでしょうか?金銭面と車両面でメリットを分けてみました。

金銭面

・リースはローンと異なり経費にできるため、税金対策に活用可能
・車両修繕費用はリースメーカー持ちが多いので、車両管理費が節約可
・ローン契約で必要な、契約時の頭金が不要
・使用期間が決まっていれば、購入するよりも安上がり

車両面

・トラックを3年以上など一定期間だけ使用可能
・会社によっては車種を自由に選べる
・数日で納入でき、すぐ仕事に活用可能

トラックリースのデメリット

では、トラックをリースすることによって発生するデメリットとは?こちらも金銭面と車両面に分けてみました。

金銭面

・年間走行距離設定によって、超過した場合に支払い金額が変動する
・事故・故障が起こった場合は自己負担になる
・修理不能になった場合は解約となり、違約金の支払いをリース会社に支払う

車両面

・自分の所有物にならないため、カスタマイズができない
・途中解約が不可なので、契約中に車両を購入しにくい

レッスン3

トラックリースのユーザーや車両について

lease1

▲リースの活用は計画的に!

トラックをレンタルではなく、リースで借りる場合は、どんな理由やシチュエーションがあるのでしょうか?また、リースで借りられる車両はどんな種類があるのかも、こちらで解説します!

こんな時にトラックリースはオススメ!

トラックをリースで借りる場合は、以下のようなタイミングがオススメです!

  • トラックリース利用のタイミング
  • 数年間だけ使いたい場合
  • 会社設立時に車両を導入したい場合
  • 新車購入時で納車待ちの場合
  • 業務上の走行距離が短い場合

リースの利用は、数年間だけトラックを使いたい、または手持ちの車両を修理していて、修理に時間がかかる場合など特にオススメ!

また、会社設立時に信用力がない状態で車両を導入したい場合、新車購入時で納車に時間がかかり作業ができない場合、業務上走行距離が短いことを把握できている場合もおすすめ!

リースで借りられるトラックについて

では、リースで借りられるトラックには、どんな形状があるのでしょうか?調べてみたところ、以下のような結果がわかりました。    

  • リースで借りられるトラック形状
  • 自由選択
  • 平ボディ
  • バン
  • ウイング車

トラックの形状は、リース会社によっては自由に選択できます。もしくは形状と車種が限定されていることもあり、形状が限定されている場合は、平ボディ・バン・ウイング車などが中心となります。

ちなみに、リース業者によっては新型車両を借りることも可能で、新型を借りれば、荷主への信頼関係やドライバーの運転環境に好影響を与えることもできます!

リース会社を直撃取材!

uroad3-1

▲写真提供 ユーロード九州

ここまでで、リースについての情報を様々調べてきましたが、リアルな利用状況を知るために、福岡県でリース業を営むユーロード九州さんにお話を伺って、以下のような情報が分かりました!

Q1.中古トラックリースを利用する企業は?

トラック王国ジャーナル取材記者

Q.実際にリースを利用する企業は、どういった業種になるんですか?

u-road

A.「中古トラックリースを利用する企業の業種は、BtoC色が強く、物流に関する会社が多いように感じます」

リースを活用する業種と車種

家具配送業者・リサイクル業者
平ボディ・PG付き
建築会社
平ボディ・Wキャブ
食品運送業者
冷蔵冷凍車
水道管清掃業者
高圧洗浄車

Q2.企業の方はどのような理由でリースを利用するか?

トラック王国ジャーナル取材記者

Q.では、企業がリースを利用する理由は、何があるのでしょうか?

u-road

A.「ユーロード九州では、全ての問い合わせに対してリースを勧めていません。このため、会社の規模や支払費用への関心度、月の予算などを確認した上で、リースを行うか話を進めています。」

ユーロード九州さんのお話から、企業のリース活用は以下のような理由があることが分かりました!

  • 企業がリースを活用する理由
  • 1位 毎月の支払額が安価だから
  • 2位 支払い額が一定だから
  • 3位 経費による節税ができるから
  • 4位 レンタルと勘違いしているから

2位の「支払額が一定だから」は、金額が毎月一定なこと・メンテナンス代も含まれます。

u-road

「上場企業がリースを利用する際は、経費処理による節税効果を狙う場合が多く、一方で個人事業主の場合は支払金額の安さからリースを選びます。」

u-road

「ちなみに、『とにかく安い方が良い!』『見た目はともかく走れれば良い!』『経費対策についてよくわからない』といった場合は、中古車両の購入を薦めています。」

さらに、ユーロード九州のリース最短契約は1年ですが、レンタカーと同様の仕組みと誤解して、1ヶ月から3ヶ月の利用を求めたり、審査が不要と思っていたりする人もいるそうです!

レッスン4

「トラック王国」での中古トラック購入と比較!

sftr2

ここまでで、業務に活用するトラックをリースで借りる場合についてお伝えしました。

しかし、業務用トラックはリースで借りるよりも、購入したほうが良い場合もあります。ここでは、「トラック王国」で中古トラックを購入する場合についてご紹介!

中古トラック購入とリースを比較!

では、中古トラックはどういった場合に購入すべきなのでしょうか?
購入をオススメするのは、所有している車両を売却して、新しい車両に乗り換えたい場合!
また、リース期間が3年以上であれば、購入したほうが安価になることも!

今回は、小型トラックのリース月額を7万円に設定して3年利用した場合と、トラック王国で中古小型トラックを購入した場合の金額について比較してみました!

リース料金と中古トラックの比較例

リース料金の場合
月7万円×12ヶ月×3年=252万円
中古トラック購入の場合
50万円から300万円程度で購入可能

中古トラックは車両の年式などにもよりますが、リースで借りるよりも安価に購入できますよ!3年以上での使用をお考えの場合は、購入も視野に入れてみて下さい!

トラック購入相談

 

レッスン5

トラック王国でのリース会社車両・ローン契約車両の買取について

全国展子

トラック王国では、リース会社で活用していたトラックや、ローンの残っている車両の買取も行えます!

リース会社の車両を買取する場合

トラック王国では、リース会社で利用されていたトラックも買取致します!

リース会社が車両を買い替える場合は、古い車両をまとめて処分してから、新しい車両に買い替えます。トラック王国では、複数台の車両もまとめて買い取れますので、お気軽にご相談ください!

リース会社のトラック買取

リースで利用された(リースアップ)車両の買取歓迎!
古い車両をまとめて処分を行う際はご相談ください

リース会社を利用した側がトラック買取を依頼する場合

さらに、リース会社でローン契約を行った車両の買取も可能!

ローンの残っている車両から、どうしても別の車両に乗り換えたい場合などは、是非ご相談ください。このような車両の売却は、高年式の車両が向いています。

高年式の車両であれば、リース会社への返済が必要なローン残債を、買取金額で相殺できる可能性があります。トラック王国は、リース会社との間で買取車両の名義変更などを行います!

リース会社でローン契約を行ったトラック買取

残債を買取金額で相殺します!
高年式車両が向いています
トラック買取相談
レッスン6

トラックリースのまとめ

全国展子

トラックをリースする場合の仕組み、おわかりいただけたでしょうか?


トラック王

レンタルと比較することで、違いが明確になったわい!


トラック姫

姫は新車をリースしたいトラ!新しいほうがカッコイイトラ!


全国展子

姫はなんで新しい車両にこだわるんですか?


トラック姫

新しければクルーズ機能で運転ラクラクになるトラ~


トラック王

トラックを長く乗るのであれば、中古で新しい車両を買った方が良い場合もあるぞ!

トラック姫

最新の中古トラックをパパの給料から買うトラ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

上へ戻る

「トラック王国」